[掲示板へもどる]
一括表示

[No.37501] [関連記事]  レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:GONZO  投稿日:2010/02/01(Mon) 18:14

いつもロムばかりですが他のスレの中の発言の一部で疑問があったのでお願いします。
kubotaさんという方の発言の中に、

>例えば、レンジファインダーのファインダーはレフレックス機構を搭載していますが、誰も2眼レフとは呼びませんよ。

とあり、その後に「レンジファインダーは構造上2眼レフと言って差し支えない」という旨の発言があって引っ掛かっていて注目していたのですが、どうもそこには触れられずに終息してしまったようなので新しくスレを立てさせて下さい。
あっ、そこで話されている「一眼とは?」みたいな話には全く興味が無いので、その再燃はやめて下さいね(^_^;

私はレンジファインダーというカメラにはあまり詳しくないのですが、どこで調べてもレンジファインダーカメラのファインダーにレフレックス機構が搭載されているという情報が出てきません。
レフレックスハウジングなどが出てくるだけなのですが、レンジファインダーのファインダーはレフレックス機構を搭載していて、構造上2眼レフと言って差し支えないのでしょうか?
RFに詳しくない私としては意外な発言でしたものでよろしくお願いします。


[No.37502] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:SalLa  投稿日:2010/02/01(Mon) 18:23

≫ GONZO さん


> 私はレンジファインダーというカメラにはあまり詳しくないのですが、どこで調べてもレンジファインダーカメラのファインダーにレフレックス機構が搭載されているという情報が出てきません。
> レフレックスハウジングなどが出てくるだけなのですが、レンジファインダーのファインダーはレフレックス機構を搭載していて、構造上2眼レフと言って差し支えないのでしょうか?
> RFに詳しくない私としては意外な発言でしたものでよろしくお願いします。

レンジファインダーにはミラーが使われていますが、普通はそれをレフレックス機構とは言わないと思います。
レフレックス機構というのは反射物そのものを指す言葉ではないでしょうから。
話の流れにもよるかもしれませんが、単に「レンジファインダーは構造上二眼レフと言っても良い」とだけ言ったら変な眼で見られるかもしれませんね。
言わない方が賢明だと思います。


[No.37503] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:kubota  投稿日:2010/02/01(Mon) 20:24
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

≫ GONZO さん

> 私はレンジファインダーというカメラにはあまり詳しくないのですが、どこで調べてもレンジファインダーカメラのファインダーにレフレックス機構が搭載されているという情報が出てきません。

一眼レフも二眼レフもレンジファインダーも、ファインダー用レンズを通った光束を反射させてファインダーに導いているという点では同じです。レフレックスという言葉の意味は反射という意味以上でも以下でもないと思います。

僕が書いたのは、誰かさんの理論通りだとレンズが二つで反射機構が有れば二眼レフと読んでも差し支えない筈だが、実際には差し支えが有るという事を言いたかったのです。

レンズの数と反射機構の有無だけでカメラの構造が決まる訳では有りませんし、同種のカメラとして扱われる事は有りません。

ですので、レンジファインダーを二眼レフと呼ぶのは差し支えが有ると思います。

紛らわしい書き方をして申し訳有りませんでした。


[No.37504] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:★パリンドローム  投稿日:2010/02/01(Mon) 20:45

≫ kubota さん

>レンズが二つで反射機構が有れば二眼レフと読んでも差し支えない筈
 なるほどと思いました。
 測距機能だけに着目すれば、、確かに二眼レフなんですね、、
 測距機能だけに絞れば、場合によっては、、マット面だけの二眼レフより精度は高いかも、、
 なんだか妙に納得しました。


[No.37506] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Crystal2  投稿日:2010/02/01(Mon) 23:23

★パリンドロームさん、こんばんは。
おひさしぶりです。

> >レンズが二つで反射機構が有れば二眼レフと読んでも差し支えない筈
>  なるほどと思いました。
>  測距機能だけに着目すれば、、確かに二眼レフなんですね、、
>  測距機能だけに絞れば、場合によっては、、マット面だけの二眼レフより精度は高いかも、、
>  なんだか妙に納得しました。

私はレンジファインダー式カメラを使った事はありませんが、ミリタリーオタクなものでして。
私のつたない理解では、レンジファインダー(距離計、測距儀)とは測距窓からの入射光を、反射鏡を何度曲げて導光すればファインダで結像するか。適正な反射鏡の角度を求め、その角度を元に三角関数で対象物との距離を測定する機構の事でと理解しています。だから基線長の問題になるのであって。

ですので、レンジファインダーにおける一眼・二眼とは、レフレックス方式の中での区分ではなく、レンジファインダー形式での距離測定をいくつの測距窓で実現しているかと言う区分に過ぎず、レフレックス方式における一眼・二眼の話と混ぜてしまうと、話が混乱するのではないかと思います。

スレタイの命題については、kubotaさんが、もうすでに述べられておりますので、私の意見は割愛させて頂きます。


#今回は非常に勉強になっています。みなさんありがとうございます。


[No.37508] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:JBs  投稿日:2010/02/01(Mon) 23:48

≫ Crystal2 さん

> 私のつたない理解では、レンジファインダー(距離計、測距儀)とは測距窓からの入射光を、反射鏡を何度曲げて導光すればファインダで結像するか。適正な反射鏡の角度を求め、その角度を元に三角関数で対象物との距離を測定する機構の事でと理解しています。だから基線長の問題になるのであって。


私の認識では、距離計だけとか、距離計と画角を見るためのファインダーが
分離している場合は、レンジファインダーとは言わない・・・・・
つまりバルナックライカはレンジファインダーでは無いと思っていたんですが、
Wikiで調べたら「一眼式レンジファインダー」と「二眼式レンジファインダー」に分かれて記載されてました(笑)ほんとですかね?

じゃあツアイスイコンなど中判スプリングカメラに距離計がついているものとかも
一眼式レンジファインダー?


というわけで、ライカM型を始めとした「一眼式レンジファインダー」を
略して「一眼」ということも出来たりして(笑)


[No.37510] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Crystal2  投稿日:2010/02/02(Tue) 00:09

JBsさん、いつもお世話になります。

> 私の認識では、距離計だけとか、距離計と画角を見るためのファインダーが
> 分離している場合は、レンジファインダーとは言わない・・・・・
> つまりバルナックライカはレンジファインダーでは無いと思っていたんですが、
> Wikiで調べたら「一眼式レンジファインダー」と「二眼式レンジファインダー」に分かれて記載されてました(笑)ほんとですかね?

もう三回ほど書いておりますが、私はレンジファインダー式カメラを触ったこともありませんので、誤解がありましたらご容赦ください。

その上での話なんですが、JBsさんがおっしゃっているのは、距離計「連動式」かどうかという話なのでしょうか?
この数日(というか一週間くらい?)、色々見てみましたが、距離計が何に「連動」するのかが良く解らないのです。
測距計がはじき出した距離に応じて、どういう機構がどう連動するのかというのが解りません。
電子機器も発達していない時代の物ですから、なんらかの指標がでるような感じなのでしょうか。
あってるよ、あってないよ、みたいな。


> じゃあツアイスイコンなど中判スプリングカメラに距離計がついているものとかも
> 一眼式レンジファインダー?

ここらへんはまた次回の課題にさせてください(^^;


> というわけで、ライカM型を始めとした「一眼式レンジファインダー」を
> 略して「一眼」ということも出来たりして(笑)

という疑問も含めて色々あったのですが、皆さんのご意見に触れた結果、各種方式の中での細分化としての「n眼」という、一眼で問題なしさんのご意見が、今のところしっくりきております。


[No.37517] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:JBs  投稿日:2010/02/02(Tue) 09:56

Crystal2さんおはようございます。

えっと、

・一眼式/二眼式の違い

 二眼式の距離計は純粋に距離計です。
 つまり二重像を一致する仕組みだけがありレンズの画角を知ることはできません。
 ファインダーは別途アクセサリシューにつけるとか、50mmだけはカメラに
 (距離計とは別の穴として)内蔵されているとかです。

 一眼式は「ファインダー」つまり画角を示す枠の中央部が距離計になってます
 (中央部だけに距離計の像が重なる)
 「距離計でピントを合わせて」→「ファインダーで構図を決める」という
 作業で「のぞき穴を変える」必要が無くて便利というわけです。

・距離計連動について

 距離計「が」連動するというとイメージを掴みにくいかも知れません。
 距離計「を」連動するといった感じですね。
 距離計を連動する仕組みのついたカメラはレンズのピントリングを回すと、
 レンズ後端の突起が飛び出たり凹んだりします。
 これがマウント内側にある「コロ」と呼ばれる部品を押し込みます。
 すると距離計が動きます。
 ですので、ピントリングを回して二重像を合致させるだけでピントが合います。

 非連動の場合は言うまでもなく、距離計で距離を測り、測った距離に合わせて
 レンズの指標を合わせます。

 
名称について考えるところはありますが、結局のところ「一眼」と言う言葉
を単品で使うのは無しなんじゃないかという気がしてきました。


[No.37537] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Crystal2  投稿日:2010/02/06(Sat) 02:43

JBsさん、お世話になります。
色々と教えて頂き、自分で調べただけでは解らなかったところが見えてきました。

ひとつ思ったのですが、一眼式が主流になった理由は、これは二眼式のメリット(測距精度)よりも一眼式の便利さの方が、多くの人に支持されたからなのでしょうか?
それともレンジファインダー式カメラに求められる測距精度が、そもそも一眼式でも必要十分であったということでしょうか。

距離系連動の意味は良く解りました。面白い機構を考えたものですね。単純に尊敬してしまいます。


[No.37550] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:JBs  投稿日:2010/02/06(Sat) 23:10

≫ Crystal2 さん

> ひとつ思ったのですが、一眼式が主流になった理由は、これは二眼式のメリット(測距精度)よりも一眼式の便利さの方が、多くの人に支持されたからなのでしょうか?
> それともレンジファインダー式カメラに求められる測距精度が、そもそも一眼式でも必要十分であったということでしょうか。


一眼式でも基線長はあまり長くはなく製品のレベルの測距精度はどっこいか、
明るさやクリアさ含めて気を使ってある二眼式の方がむしろ良かったかも知れません。
基線長が長いと今度は近接が苦手になってしまうということもありますしね。

レンジファインダー(一眼式)のファインダーは美しいですよ〜。
肉眼で直接見るよりもキレイと言う人もいます。私もその気持ちはわかります。


[No.37555] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Crystal2  投稿日:2010/02/07(Sun) 02:51

JBsさん、お世話になります。

> 一眼式でも基線長はあまり長くはなく製品のレベルの測距精度はどっこいか、
> 明るさやクリアさ含めて気を使ってある二眼式の方がむしろ良かったかも知れません。

構造や、インターネットで外見を見た限り、二眼式の方が基線長を確保できるのかと思っていました。
一眼式の方が基線長を確保できるということでしょうか。


> 基線長が長いと今度は近接が苦手になってしまうということもありますしね。

演算精度から言ってそうはならない気もするのですが、これは測距窓の奥のミラーを駆動する機構の問題なのでしょうか。
色々と質問ばかりですみません(^^;

> レンジファインダー(一眼式)のファインダーは美しいですよ〜。
> 肉眼で直接見るよりもキレイと言う人もいます。私もその気持ちはわかります。

ええ、一つ持ってみたいという気が、沸々と湧いております^^


[No.37579] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:JBs  投稿日:2010/02/08(Mon) 22:09

≫ Crystal2 さん

>構造や、インターネットで外見を見た限り、二眼式の方が基線長を
>確保できるのかと思っていました。
>一眼式の方が基線長を確保できるということでしょうか。

理論上は二眼式のほうが有利なはずだと思いますが、実際の製品は、
色々という感じですね。

私の仕様経験だと二眼式はBessaT(コシナ)とレチナ(ライカコピー)ですが、
どっちも基線長は短かったと思います(倍率がどうだったか忘れてしまったので
実値はわかりませんが、とりあえず二つの窓は近いです)
方式よりも結局はコストってことだと思います。

>> 基線長が長いと今度は近接が苦手になってしまうということもありますしね。
>演算精度から言ってそうはならない気もするのですが、これは測距窓の奥の
>ミラーを駆動する機構の問題なのでしょうか。色々と質問ばかりですみません(^^;

内部構造がどうだったか・・忘れてしまいましたがそんな感じです。
基線長を倍率ではなく窓間の長さで確保すると、近接では視差が発生して
二重像が一致しないということが起こりえるってことですね。

まあそれ以前に測距窓のすぐ下にレンズもあって邪魔だし、
パララックスもあるので近接には限界があるんですけど(笑)


[No.37583] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Crystal2  投稿日:2010/02/09(Tue) 00:49

JBsさん、いつもお世話になります。

私自身は、手に取った事が無いもので、色々と頭でっかちになっております。
色々教えて頂き、重ね重ね、お礼申し上げます。

こんど一つ買って試してみようとおもいます!


> >構造や、インターネットで外見を見た限り、二眼式の方が基線長を
> >確保できるのかと思っていました。
> >一眼式の方が基線長を確保できるということでしょうか。
>
> 理論上は二眼式のほうが有利なはずだと思いますが、実際の製品は、
> 色々という感じですね。
>
> 私の仕様経験だと二眼式はBessaT(コシナ)とレチナ(ライカコピー)ですが、
> どっちも基線長は短かったと思います(倍率がどうだったか忘れてしまったので
> 実値はわかりませんが、とりあえず二つの窓は近いです)
> 方式よりも結局はコストってことだと思います。
>
> >> 基線長が長いと今度は近接が苦手になってしまうということもありますしね。
> >演算精度から言ってそうはならない気もするのですが、これは測距窓の奥の
> >ミラーを駆動する機構の問題なのでしょうか。色々と質問ばかりですみません(^^;
>
> 内部構造がどうだったか・・忘れてしまいましたがそんな感じです。
> 基線長を倍率ではなく窓間の長さで確保すると、近接では視差が発生して
> 二重像が一致しないということが起こりえるってことですね。
>
> まあそれ以前に測距窓のすぐ下にレンズもあって邪魔だし、
> パララックスもあるので近接には限界があるんですけど(笑)


[No.37525] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Fイチ  投稿日:2010/02/03(Wed) 23:17

≫ Crystal2 さん

> どういう機構がどう連動するのかというのが解りません。

レンズ側リングを回す事で、像を結ぶ機構をメカニカルに代えているだけです。レンズ内側に斜めな面がるとして、リングを増すことで、カムが動くような物です。探せばマンガ、構造図はありはずです。

像の合った所で、レンズに刻まれた距離目盛りでわかります。

おまけで、各絞り値に対しての前後の被写界深度も読めます。

一眼レフは絞込みボタンとかレバーで絞り込んで、像で判断する事になります。短焦点は目盛りでわかったかな?と思います。

レンジファインダーでまともに使えるレンズは85mm程度までです。レンズ軸と外れた所で構図するから当然です。100mmを超えると、別の付けのファインダーを装着しないとまともな構図はできません。・・・安物は書く短焦点に合わせた物を個々に用意することになるし、凝った物は、ズームだったり、周囲の枠を可変させたりします。 このファインダーでも、レンズ軸は違うので、距離をあわせた後に角度を調整しいなくてはいけません。

ニコンのSPからは、レンズを交換することで、ファインダー内に目安となる構図枠が表示されるようになってます。(液晶では無いです。メカで構図枠を切り替えます。) その前のモデルのS2は倍率等倍なので、ファインダーを覗きながらの、被写体を追うのも苦にならないファインダーでした。マウント構造はコンタックスのパクリです。

2眼レフ・・・上下にレンズが2個あるやつですかね? 下側がフィルム用で、上側がシェードを開けての上から除いたスクリーンでピントをアワセうだけ? 一眼レフの用に、ミラーが跳ね上がることは無いはずです。 似たようなファインダーはF1で用意されていた、スポーツファインダー?ですかね? ペン多を外して、スクリーンを直接覗くファインダーでした。動的被写体には扱いやすかったらしいです。こちらは、ミラーは跳ね上がります。

電気的な所はシンクロの配線だけです。 スローシャッタも振り子(ギアと羽での抵抗で?)で調整していたはずです。・・・時計同等の精密機器と呼べる代物ですね。

表示で1/1000と有っても、実際の速度には大きく差がありました。F1,F2クラスは精度が高いけど、エントリーとか、富士、アサペンとかは800とか750とかのモデルも存在してます。・・・この部分だけでも、どこまで数値を実現できるかだけでも、コスト差は大きく違ったと思われます。

キャノンEF,AE−1移行は電子式が促進され・・・どこが精密機器だか?代物です。


[No.37538] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:Crystal2  投稿日:2010/02/06(Sat) 03:01

Fイチさん、初めまして。

> > どういう機構がどう連動するのかというのが解りません。
>
> レンズ側リングを回す事で、像を結ぶ機構をメカニカルに代えているだけです。レンズ内側に斜めな面がるとして、リングを増すことで、カムが動くような物です。探せばマンガ、構造図はありはずです。

おかげ様で良く解りました。いじくってみたくなったので、ひとつ安いのを買ってみようかと思いました。

> レンジファインダーでまともに使えるレンズは85mm程度までです。レンズ軸と外れた所で構図するから当然です。100mmを超えると、別の付けのファインダーを装着しないとまともな構図はできません。・・・安物は書く短焦点に合わせた物を個々に用意することになるし、凝った物は、ズームだったり、周囲の枠を可変させたりします。 このファインダーでも、レンズ軸は違うので、距離をあわせた後に角度を調整しいなくてはいけません。

スナップ向けという感じなんでしょうか。
ファインダとレンズがズレているのがどの程度の違和感があるのかは、自分で触ってみないと解りませんね。


> 2眼レフ・・・上下にレンズが2個あるやつですかね? 下側がフィルム用で、上側がシェードを開けての上から除いたスクリーンでピントをアワセうだけ? 一眼レフの用に、ミラーが跳ね上がることは無いはずです。 似たようなファインダーはF1で用意されていた、スポーツファインダー?ですかね? ペン多を外して、スクリーンを直接覗くファインダーでした。動的被写体には扱いやすかったらしいです。こちらは、ミラーは跳ね上がります。

二眼レフは触った事がありますので、どんなものかは大体解っています。ペンタ部が外れるカメラは触った事がありません。ニコンのF6の仕様変更が、ニコン派の方々から残念がられていましたね。


> 電気的な所はシンクロの配線だけです。 スローシャッタも振り子(ギアと羽での抵抗で?)で調整していたはずです。・・・時計同等の精密機器と呼べる代物ですね。
>
> 表示で1/1000と有っても、実際の速度には大きく差がありました。F1,F2クラスは精度が高いけど、エントリーとか、富士、アサペンとかは800とか750とかのモデルも存在してます。・・・この部分だけでも、どこまで数値を実現できるかだけでも、コスト差は大きく違ったと思われます。

半段誤差があるとなると、ちょっと困ったりしませんかね(^^; フイルムカメラでは特に。
それともベテランの方々は、そういう個体のクセまで把握して、誤差を吸収する運用をされているのかな…


> キャノンEF,AE−1移行は電子式が促進され・・・どこが精密機器だか?代物です。

でもシャッター幕に関しては、機械式ですよね。同じ露出で連写しているのに、30枚中数枚、露出がほんの少しおかしいショットが混じったりしていますが、こういうものだと思って使っています。


[No.37519] [関連記事]  雑談 投稿者:Padshow  投稿日:2010/02/02(Tue) 17:44

sageで。
雑談であり且つ差し出口ですので、ご自身の思われるところと違うようでしたら読み飛ばして下さい。

> 誰かさんの理論通りだとレンズが二つで反射機構が有れば二眼レフと読んでも差し支えない筈
ごめんなさい、どこをどう読み返しても私にはそういう解釈はできませんでした。
かなり曲解すればそうなりますが、だとするとkubotaさんの主張でもそうなってしまうので、あえて触れられない方がよかったかも知れません。

> レンズの数と反射機構の有無だけでカメラの構造が決まる訳では有りませんし、同種のカメラとして扱われる事は有りません。
多分これも相手の方が言いたかったのは「ファインダーの有無だけで同種のカメラとして扱われる事はない」という事なんだと思います。
私もEP1を使っていますが、一眼と呼ぶかは別としてもコンパクトカメラと同種と扱われたら心外ですし、外観やファインダーが無いだけで「レンズ交換ができるコンデジ」と定義されるのはやはり悲しいものがあります。
kubotaさんの言葉で一眼タイプというものがありましたが、私がEP1を使っている感覚は「コンデジタイプのレフレス一眼」が近い気がします。

一眼に関する一連の話題、そしてその他の話題も興味深く拝見しましたが、文章が落ち着かない傾向があるように感じました。
そこに前後関係を無視した自己完結的な一文や、知識不足、調査不足の発言が織り交ざるので勘違いを生んだり信憑性を持って聞いて頂けなかったりするだと思います。
誤解を招きやすいというのか。
また、No.37452で相手の方が「論証してくれ」と言われているのは「一眼」という言葉についてのはずですが、No.37494で応えられているのは「一眼レフ」についての事ばかりで、尚且つ
> また、そういう事はどうでも良く、僕はファインダーのあるカメラとファインダーのないカメラを明確に区別してもらわないと不便だし、困ると思っているだけで、一眼レフファインダーという言葉には拘りがありますが、一眼というほとんど意味のない言葉には特に拘りはありません。
と答えてしまっています。
そこまでの話の流れを無視して一気に「個人的に名称でファインダーがあるか無いか分からないと不便なんだよ」という結論にしてしまっているわけです。
No.37497で「・・・」と絶句されてしまった事にはこの議論の内容とは別に少し考えられると良いかも知れません。
以前から感じていた事ですが全体的にこのような個所が目立つので、興味のある話でも話を追って行くのが難しくなってしまいます。
それ以前の話の部分でも双方の主張は私から見ればどっちもどっちなのですが、自分の主張を文章で伝えるという点においてはkubotaさんは少し損をされているかなと思いました。
もう一方の態度は褒められたものではありませんし読むに堪えない発言もありますが、主張を伝えるという点においては比較的分かりやすい(読みやすい)文章です。
失礼ですがkubotaさんの文章はここで取り上げられた一文もそうなのですが、何度か議論を拝見しているとご自身の立ち位置もコロコロと変わるようなのでかなり頭の中で補完しながら読まないと理解しづらい傾向があると思います。
その辺りを少し心得られた方が不毛な議論を長引かせなくて済むようになるのではと感じました。
お節介が過ぎるとは思いますが、以前から感じていた事をいい機会だと思うのでお書きしました。
スレタイと関係無いですしスレ主さんの意向と外れるのでレスは結構です。


[No.37513] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:CanoScan  投稿日:2010/02/02(Tue) 00:58

≫ GONZO さん

反射機構がどうとかいう話ではないでしょう。

カメラの分類として、撮影レンズを通過した光束を、レフレックス機構を使って、ファインダーに導くものが「一眼レフ」。撮影レンズと同等なレンズを通過した光束を、レフレックス機構を使って、ファインダーに導くものが「ニ眼レフ」ということで。

電気自動車を「電車」と言わないのと同じです。


[No.37523] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:GONZO  投稿日:2010/02/03(Wed) 17:54


皆さんありがとございました。
やはりレンジファインダーは構造上2眼レフとは言えないですよね。
あまりに突飛なことなのでまさかとは思ったのですがすっきりしました。


[No.37756] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:とび  投稿日:2010/06/19(Sat) 22:59

≫ GONZO さん

http://videomaker.com/community/videonews/2010/04/7396-canon-releases-first-3d-dslr-camera/

それか3D真実のかんつなりました

二眼レフの本物てす


[No.37757] [関連記事]  Re: レンジファインダーは二眼レフ? 投稿者:カメラの歴史  投稿日:2010/06/20(Sun) 21:40

≫ とび さん

> http://videomaker.com/community/videonews/2010/04/7396-canon-releases-first-3d-dslr-camera/
>
> それか3D真実のかんつなりました
>
> 二眼レフの本物てす


↑誰か日本語に翻訳してください(笑)。

二眼レフというのは本来3Dカメラから派生したものです。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2e/Braunschweig_Brunswick_Rollei-Werbung.jpg
ローライ社を興したフランケ氏とハイデッケ氏が 当時の3Dカメラ(これは機構上三眼レフとよんでもよいでしょう)からレンズをひとつ取り除いて二眼レフのローライフレックスを作りました。

引用先のカメラはいわば先祖返りとも言えるものです。フィルムカメラ時代に既にこのタイプのもの(一眼レフ2台を連結したもの)は存在しています。

レンジファインダーカメラを二眼レフと呼ぶのは間違いで、写真の業界で「レフ」が意味するものは、レンズから入った光を反射鏡で光路を変更して焦点板に結像させることを指します。
「一眼」はレンズが1本で、撮影用と焦点板に結像するレンズを兼用させているわけです(時間的に切り替えている。そのためにクイックリターンミラーが開発された)。
「二眼」は撮影用レンズとは別に、焦点合わせや構図決定のためのレンズが存在する訳です。そのため通常上下のパララックス(視差)が生じます。ただし撮影中も被写体をファインダーで観察できるためストロボの発光もファインダーで確認できます。

コンパクトデジタルカメラも今はやりの「いわゆるミラーレス一眼」も、機構的には「一眼カメラ」です。その利点として 近接マクロ撮影をしてもパララックスが原理的に発生しません。

いわゆるミラーレス一眼のメーカーが「このカメラは一眼クオリティ!」と喧伝しているのは奇妙な論理です。一眼であるかどうかと、撮像素子の大きさは本来無関係だからです。