一括表示

[No.66348] キヤノン11月3日の発表について 投稿者:Crytstal2  投稿日:2011/10/24(Mon) 15:34
URL:http://photorumors.com/2011/09/15/canon-is-planning-something-big-for-november-3rd/

みなさんこんにちは。

表題の件ですが、URLはこちらになります。
http://photorumors.com/2011/09/15/canon-is-planning-something-big-for-november-3rd/

相当煽ったティーザ広告になっているので、色々と憶測が飛んでいますが、どれもピンとこない。

●4Kビデオカメラ説
 いまどき4Kとか言われてもw。
 確かにアメリカのデジタルシネマは、いまだ2Kが主流で4Kで撮ってる監督は少ないです。
 でも単に安くていいもの作りました!では歴史的発表とは言いにくい。

●3Dビデオカメラ説
 これも今更感たっぷり。

●中版デジタルスチルカメラ説
 いちいちハリウッドで発表する意味がまったくない。


・・・ということでいったい何なんだろうと思っていましたが、色々な情報を見ていたらこれじゃないかという個人的予測がつきました。


○撮影後にフォーカス、DOFをポスト処理できるビデオカメラ

 これが出来ちゃうとピントマンは失業しちゃいますが、便利ですよ。
 すでにスチールでは来年民生品が発売予定になっています。
 下記URLのLight Field Cameraというものです。
 静止画像でフォーカス制御できるのが確認できます。
 ただのデモということでDOFはいじれません。
 https://www.lytro.com/camera

 これは玩具みたいなもんですが、理論的には15年程度前にスタンフォード大学だかで実証試験が済んでいたものだそうです。
 当時は大型カメラ数十台で論理実証をしたものが、近年の光学技術、微細化技術によりこれだけのサイズに落とし込んだということです。

で、肝心のビデオカメラですが、JBsさんのご発言を見てハッとしました。
下に引用させていただきます。

> 今月のアサカメに5億画素中判相当センサーの特集があります
> 中判で5億画素はちゃんと活きることが確認できます。あれさえ見れば
> もう何の説明も要りません。本当に完全に完膚なきまでに
> レンズがどうの回折がどうのと言っているのは嘘だとわかります。

 そこまで微細化技術が進んでいるのであれば、横2K×縦1K、つまり200万画素分、横2K×縦1Kのマイクロレンズを敷き詰めれば、できるんじゃないかなと。
 全画素には強弱は別にして光が来ているわけですから、マイクロレンズごとに感度を増減させてやればいいかもと。
 4万憶個のマイクロレンズが必要になりますが、それくらい何とかするんじゃないでしょうか。



以上、妄想を書き散らかしましたが、キヤノンがLytro社と独占ライセンスを結び、この方向性のカメラを作る発表をするのではないか、というのが私の予想です。

長文にお付き合いいただきありがとうございます。


[No.66358] Re: キヤノン11月3日の発表について 投稿者:KATANA  投稿日:2011/10/25(Tue) 13:44
URL:http://members.at.infoseek.co.jp/SUZUKI_KATANA/index.html

Appleと共同で何かを開発していると噂がありましたので、その発表じゃないかと。


[No.66359] Re: キヤノン11月3日の発表について 投稿者:   投稿日:2011/10/25(Tue) 15:56

> Appleと共同で何かを開発していると噂がありましたので、その発表じゃないかと。

iPhone用のEFマウントアダプタとか。これでEFマウントのミラーレス機が完成。

順当なところではEFマウントのビデオカメラと、ビデオ撮影に比重を置いたパワーズーム+絞りリング+動画対応IS付きレンズですかね。


[No.66384] がっかり 投稿者:Crytstal2  投稿日:2011/11/04(Fri) 18:16
URL:http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111104/biz11110416560011-n1.htm

出ましたね…

これのどこが「世界的」「歴史的」発表なのか。

技術者として、キヤノンファンとして、かなりガッカリしました。

言葉はもっと大切に使ってほしい…


[No.66387] Re: がっかり 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/04(Fri) 21:57

私もガッカリ。シネ用ビデオカメラなんてアマチュアにはまったく関係なし。ビデオカメラ自体興味なし


[No.66389] Re: がっかり 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/04(Fri) 22:10

> 私もガッカリ。シネ用ビデオカメラなんてアマチュアにはまったく関係なし。ビデオカメラ自体興味なし

スチルカメラの覇者のキヤノンが本格的にシネカメラに参入するというのは「歴史的」でしょう。
現状でも、我々が目にする写真の半数くらいはキヤノンで撮られたモノであるのと同じように
数年後には劇場公開作品の過半数がキヤノンで撮られたモノになる可能性だってあります。

ま、一般ユーザーには関わりのないことでござんす・・・なんですけど。


[No.66391] Re: がっかり 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/04(Fri) 22:45

そうですね、他の放送用カメラの老舗メーカー製だと数千万かかるところを、数百万で済みますよというのがキヤノンの売りなのでしょう。
何百億かけて製作する映画はともかく、中小零細の映画製作会社にとってデジタルシネマに参入する敷居が低くなるという点では意味があると思いますが、それを一般庶民に宣伝してなんか意味があるのかな?というのが素直な感想です。


[No.66396] Re: がっかり 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/05(Sat) 10:40

> そうですね、他の放送用カメラの老舗メーカー製だと数千万かかるところを、数百万で済みますよというのがキヤノンの売りなのでしょう。
> 何百億かけて製作する映画はともかく、中小零細の映画製作会社にとってデジタルシネマに参入する敷居が低くなるという点では意味があると思いますが、それを一般庶民に宣伝してなんか意味があるのかな?というのが素直な感想です。


私も色々作ってワールドワイドで売ってきましたけど
「歴史的」「世界的」なんて言葉を使ってティーザをやったことはありません。

キヤノンの現地のブランチが考えたんでしょうが、
言葉が上滑りしてるというか、PRを軽蔑しますね。

写真と一緒で、文章、言葉も創造するもの。
で、出てきたものが枯れた技術の延長線上のただのVカメですか…

もっとイノベーティブな物を期待してたんですけどね


[No.66401] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:   投稿日:2011/11/08(Tue) 22:54
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> 私も色々作ってワールドワイドで売ってきましたけど
> 「歴史的」「世界的」なんて言葉を使ってティーザをやったことはありません。

スチールカメラのトップメーカーであるキヤノンが映像制作市場に本格参入したというのは充分「歴史的」発表じゃないかと思います。「世界的」というのはグローバル企業なんだから今更わざわざ言う事でもないとは思いますが、間違いでもないと思います。

「画期的」「革新的」発表を期待されていた様なので、それではがっかりするのも当然だろうと思いますが、「歴史的」「世界的」という言葉に「画期的」「革新的」という意味は入ってないと思いますので・・

個人的にはハリウッドで発表という事で、順当な発表だったと思います。予想されていた様な撮影後にフォーカス処理する様なカメラをハリウッドで発表するとは考え難いと思いますし、その技術自体は既に他社が開発、発表しているものですから、逆に歴史的でも何でもない様な気がします。

さて、僕としては、こんな高額な業務用シネカメラはとても手が出ませんが、今後これをフラッグシップとしたコンシューマー製品の展開がある事に期待します。

CINEMA EOS SYSTEMには手が出ないハイアマのビデオユーザーに向けて、ソニーのNEX-VG20の様なモデル展開があるのではないかと思いますが、量産効果によるコストダウンを狙って、ソニーのNEXシリーズ同様共通マウントでスチールカメラも展開するのだろうと思います。

つまり、これでキヤノンのミラーレス機は大判センサーになる事がほぼ確定したと考えています。おそらくセンサーサイズはスーパー35mmが濃厚でしょうね。フォーサーズ〜APS-Cのサイズを期待していた身としてはほぼ理想的なセンサーサイズです。

Nikon 1 V1が電子シャッターモードがある為、無音でシャッターが切れるため、ライブ撮影に最適と思いつつ、センサーサイズの小ささが残念だったので、キヤノンからスーパー35mm相当で同じ様なミラーレス機が出るとなると個人的には万々歳です。

後はV1同様電子シャッターモードがある事と、AF性能の高さを期待しつつ、ミラーレス機の発表を待つのみです。


[No.66402] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/09(Wed) 19:27

> スチールカメラのトップメーカーであるキヤノンが映像制作市場に本格参入したというのは充分「歴史的」発表じゃないかと思います。「世界的」というのはグローバル企業なんだから今更わざわざ言う事でもないとは思いますが、間違いでもないと思います。

ついでにオリンパスも買収して(今ならスゴくお買い得)医療分野にも進出、
イメージングも、迷走ぎみの「PEN」を「DEMI」シリーズとして仕切り直し、
コンパクト機もキヤノンのパワーショットとIXYにオリンパスの防水を組むなど
両社のラインナップには重複が少ないので結構な補完関係が出来そうな期待が・・・


[No.66407] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:Schale  投稿日:2011/11/10(Thu) 05:35

まあ今ならそれもありでしょうね〜。汗
若き日の一眼デビューが、OM10だった身からすると、さみしい気もしますが、コダック製センサーで、無理やりフォーサーズ出した頃からおかしいと感じていたくらいなので、今となってはしょうがないですね。


> > スチールカメラのトップメーカーであるキヤノンが映像制作市場に本格参入したというのは充分「歴史的」発表じゃないかと思います。「世界的」というのはグローバル企業なんだから今更わざわざ言う事でもないとは思いますが、間違いでもないと思います。
>
> ついでにオリンパスも買収して(今ならスゴくお買い得)医療分野にも進出、
> イメージングも、迷走ぎみの「PEN」を「DEMI」シリーズとして仕切り直し、
> コンパクト機もキヤノンのパワーショットとIXYにオリンパスの防水を組むなど
> 両社のラインナップには重複が少ないので結構な補完関係が出来そうな期待が・・・


[No.66403] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/09(Wed) 23:17

100インチ以上に投影して鑑賞している映像マニアは1080iの画質に飽き足らない人も多いはず。4Kのデモ映像を見たことがありますが凄いの一言。
コンシューマーに落とすには出力環境の規格策定や、膨大なデータをどういうメディアに記録するかなど課題は多いですね。
あまり見られていないBSを4K化して地デジとの差別化を図る可能性がアリかも。
キヤノンはミラーレス市場には参入しないというのが私の(勝手な)予想です。センササイズが大きければレンズも大きくなってマウント変更の意味ないですから。
最近のソニーのαみたいなのを出してくる可能性はアリかな、と。


[No.66405] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:   投稿日:2011/11/09(Wed) 23:42
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> キヤノンはミラーレス市場には参入しないというのが私の(勝手な)予想です。センササイズが大きければレンズも大きくなってマウント変更の意味ないですから。

マウント変更はレンズを小さくする為ではありません。可動ミラーによる技術的制限という呪縛から開放される事が目的と考えます。

ニコンは現行のミラー可動式一眼レフを守る為、守りの姿勢になってしまい、折角の新マウントに1インチという小さなセンサーサイズを選択してしまった事を、歯ぎしりして後悔する日が遠からず訪れるに違いないと予想します。

常に最先端の技術に挑戦し続けて来たキヤノンには、可動ミラー式一眼レフという枯れた技術に固執せず、攻めの姿勢でスチールカメラの新時代を築いて欲しいと期待します。


[No.66406] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:   投稿日:2011/11/10(Thu) 00:05
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> キヤノンはミラーレス市場には参入しないというのが私の(勝手な)予想です。センササイズが大きければレンズも大きくなってマウント変更の意味ないですから。

因にNikon 1のレンズは確かに小さいですが、センサーサイズの小ささを考えると思った程小さくはないですね。実際には小さいとしても、システムとしてはマイクロフォーサーズと大差ないという印象も受けます。

個人的には少しでもレンズが小型軽量になってくれると有難いので、キヤノンのミラーレス機がフォーサーズ相当のセンサーだったらベストだと思っています。それ以上小さくなると、デメリットがメリットを上回ってしまうというのがNikon 1マウントを見ての印象です。

ただし、ミラーレスの新マウントを造るとして、ビデオマニア、スチールマニア双方の要求をある程度満たし、プロユースにも耐えるものと考えた時、スーパー35mm相当が妥当なサイズかなと思います。

CINEMA EOS SYSTEMがEFマウントを採用していますから、EFマウントも無くなりませんし、EFマウントはビデオ、スチール共に業務用向けで上限がフルサイズ(APS-Cやスーパー35mmも有り)、新ミラーレスマウントはビデオ、スチール共にコンシューマー向けでスーパー35mm(もしくはAPS-C)が上限(それ以下のサイズのモデルの可能性もあり)と考えると棲み分けは可能です。

Kissはミラーレスに移行して、EF(EF-S)マウントのAPS-Cは、飽くまでも可動ミラー式一眼レフに拘るハイアマ向け及びプロのサブ機として7D系だけが残るという感じではないかと思います。

この新ラインアップの為にAPS-Hは整理して無くしたという見方も出来ると思います。真のEOS-1D IVの後継モデルは、新ミラーレスマウントのフラッグシップモデルとして驚異的な高速連写性能を引っさげて登場するかも知れません。


[No.66410] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/10(Thu) 09:25

> この新ラインアップの為にAPS-Hは整理して無くしたという見方も出来ると思います。真のEOS-1D IVの後継モデルは、新ミラーレスマウントのフラッグシップモデルとして驚異的な高速連写性能を引っさげて登場するかも知れません。

未来のスポーツ撮影は動画を撮影して決定的瞬間をセレクトする、というやり方になるのでしょうかね。カメラマンの腕の要素が少なくなるのは寂しい気もしますが…
何れにしてもミラーレス機はセンササイズがフルサイズよりかなり小さくなるのは間違いなく、キッスはともかくプロユースで画質面で不利になるのは明らかで、プロはどっちを選ぶか、でしょう。
kubotaさんのおっしゃるようなミラーレスシステムが出るならEFマウント機はスタジオユースか風景写真家向けに特化するような気もするし、1Dxが画素数を控えめにしたからキヤノンがプロ向けミラーレス機を出すにしても相当先の話になるんじゃないでしょうか。
(追加)
1Dxはロンドンオリンピックを前にしてニコンを相当意識した作りで、mk4が出てからそんなに経っていませんから異例のモデルチェンジだといえます。キヤノンの中に何があったか知りませんがニコンにシェアを奪われたか何かがあって、APS-Hをやめたのはニコンがフルサイズだからという単純な理由かもしれません。


[No.66411] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:   投稿日:2011/11/10(Thu) 19:21
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> 何れにしてもミラーレス機はセンササイズがフルサイズよりかなり小さくなるのは間違いなく、キッスはともかくプロユースで画質面で不利になるのは明らかで、プロはどっちを選ぶか、でしょう。
> kubotaさんのおっしゃるようなミラーレスシステムが出るならEFマウント機はスタジオユースか風景写真家向けに特化するような気もするし、1Dxが画素数を控えめにしたからキヤノンがプロ向けミラーレス機を出すにしても相当先の話になるんじゃないでしょうか。

情報を整理しましょう。先ずキヤノン初(EOS初と言ってもいい)のミラーレス機は既に発表されました。EOS C300です。マウントはレンズの小型化など完全に無視したEFマウント(及びPLマウント)です。

そして、まだ詳細は発表されていませんが、EOS-1D Xベースの4Kカメラが開発発表されました。EOS-1D Xベースという事で可動ミラー式一眼レフと思い込んでしまいがちですが、4K動画撮影をメインとしたカメラであり、可動ミラー式一眼レフだとすると、メインの機能を使う際、ずっとミラーアップしたままでビューファインダーは使用不可となります。

業務用映像制作用ビデオカメラで動画撮影時ビューファインダーが使えないという仕様はあり得ないと思います。おそらくこのEOS-1D Xベース4KカメラはEOS C300同様ミラーレスかペリクルミラー搭載一眼レフではないかと思います。まあ、ペリクラミラーよりミラーレスの可能性の方が高いと思います。

そしてこのカメラ、その気になれば秒間24コマの高速連写スチールカメラとしても使用可能に出来るでしょう。このボディで動画撮影専用でスチール撮影不可とは考え難いので当然そうなるのではないかと思います。

つまり、「キヤノンがプロ向けミラーレス機を出す」のは相当先でも何でも無く、もう開発発表がされているのです。

プロユースカメラがミラーレスにシフトするのに、コンシューマーが可動ミラー式一眼レフだけの訳ないというのが僕の考えです。コンシューマー向け可動ミラー式一眼レフが直ぐには無くならないとしても、主流はミラーレスへとシフトしていくでしょう。

その場合、コンシューマーもEFマウントのままミラーレス化というのは考え難く、フルサイズのEFマウント・ミラーレス機と差別化する為もあってコンシューマー向けミラーレスマウントはフルサイズよりは小さくするだろうし、ニコンの様にコンデジと一眼レフの中間というポジションではなく、現行コンシューマー向け一眼レフの後継シリーズというポジションを取るとの予想でスーパー35mmサイズが妥当ろうと思います。


そして、コンシューマー・ミラーレスでもハイアマからプロユースまでカバー可能なフラッグシップの存在があり得るというのが僕の予想で、つまりそれは消滅したAPS-Hモデルの代替モデルになるのでは無いかという予想です。

つまり、今後プロのスポーツカメラマンは、EFマウントフルサイズのEOS-1D X後継もしくはEOS-1D Xベースのミラーレス機(可動ミラーモデルとEFマウントミラーレスは共存すると予想)を選択するか、望遠に強く、システムを小型軽量に出来るコンシューマーミラーレス・フラッグシップを選択するかという二つの選択肢を持てるのではないかという予想です。

要するにEFマウントのフラッグシップはフルサイズとAPS-Hが存在したのをフルサイズに統合しましたが、これはフルサイズマウントと、APS-H後継のスーパー35mmマウントの二本立てへとラインナップを整理する為だったのではないかという事です。

フルサイズでなくてもAPS-Hで充分。あるいは望遠に強いのでその方が有難いというプロスポーツカメラマンが多かったのも事実なので、そういう層に向けて35mmマウント兼用のAPS-Hモデルではなく、小さいセンサーサイズに合わせた専用マウントで、小さいセンサーサイズのメリットを従来以上に高めたモデルを提供しようと考えたとしても不思議ではないと思います。


[No.66412] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/11(Fri) 05:00

どうなんですかねぇ、いきなりスポーツ用をミラーレスにしてしまうのは。確かに連写速度を上げることはできるけど、あの遅延のあるEVFで流し撮りをやるのは至難の業だと思いましたし、スーパー35mmといったらAPS-Cより少し小さいんですよね。kissは従来どおり1800万画素にすると思われるけど、1Dxと同等の高ISO時S/Nにするには1000万画素以下にする必要がありますよね。
コントラストAFは位相差AFと同等にできるんですかね。パナのμ4/3機はかなり速いといわれているけど、ソニーのトランスルーセント機は位相差AFするためにわざわざハーフミラーをつけているし。像面位相差AFはフジやニコンがパテントを握ってるのかな?
常時ライブビューしているわけだから、電池のもちが悪いのも気になります。スポーツのゲーム中はあまり電池の残量を気にしたくないですよね。外付けの大型バッテリを付けられるようにすればいいかな。
多分そんなカメラはアマチュアは買わないと思うな。1Dシリーズはある程度アマチュアも買う想定で価格設定しているはず。完全プロ用になると、手作りで受注生産、一台100万円です、なんていうことになったりして。


[No.66414] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:Crytstal2  投稿日:2011/11/11(Fri) 18:15
URL:http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111104/biz11110416560011-n1.htm

EJ20さん、こんにちは。
書き込み拝見しました。

まあ出たら買ってしまうのでしょうが、現段階ではハイエンドミラーレス機には興味がありません。
いくら経済的だと言われても、電気自動車にはまったく興味が向かないのと同じかもしれません。
業務なら話が変わると思いますが、趣味ですから。


> どうなんですかねぇ、いきなりスポーツ用をミラーレスにしてしまうのは。確かに連写速度を上げることはできるけど、あの遅延のあるEVFで流し撮りをやるのは至難の業だと思いましたし、スーパー35mmといったらAPS-Cより少し小さいんですよね。kissは従来どおり1800万画素にすると思われるけど、1Dxと同等の高ISO時S/Nにするには1000万画素以下にする必要がありますよね。
> コントラストAFは位相差AFと同等にできるんですかね。パナのμ4/3機はかなり速いといわれているけど、ソニーのトランスルーセント機は位相差AFするためにわざわざハーフミラーをつけているし。像面位相差AFはフジやニコンがパテントを握ってるのかな?
> 常時ライブビューしているわけだから、電池のもちが悪いのも気になります。スポーツのゲーム中はあまり電池の残量を気にしたくないですよね。外付けの大型バッテリを付けられるようにすればいいかな。
> 多分そんなカメラはアマチュアは買わないと思うな。1Dシリーズはある程度アマチュアも買う想定で価格設定しているはず。完全プロ用になると、手作りで受注生産、一台100万円です、なんていうことになったりして。


[No.66415] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/11(Fri) 20:12

> いくら経済的だと言われても、電気自動車にはまったく興味が向かないのと同じかもしれません。

そう、それなんですよ。今の電気自動車はチョイ乗りはできても遠出はできない。特定の用途にしか使えないから実用にならないんですよ。
ミラーレスも同じですね。お気楽撮影には使えても、目的を持った撮影には使えないことがある。
ミラーレスとムービーカメラは同じ構造ですが、プロ用ムービーカメラはMFが基本であるのがスティルカメラとの大きな違いです。
また、ファインダはスティルは撮影中でなくても覗くけど、ムービーカメラは撮影中しか覗きませんね。そうなるとスティルカメラはOVFの方が望ましい、厳密なピントを見たいならライブビューを使えばいい、って話です(わたしはスプリットプリズムにマグニファイヤでやってますが)。
いくらカシオのコンデジが20倍ズーム、40枚/秒連写でもそれを使うプロはいませんからね。


[No.66440] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 22:14
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> そう、それなんですよ。今の電気自動車はチョイ乗りはできても遠出はできない。特定の用途にしか使えないから実用にならないんですよ。

これからは燃料電池自動車の時代ですよね。電気自動車は最早時代遅れです。高性能ミラーレス一眼を例えるなら燃料電池自動車の方が適切だと思います。

個人的には水素エンジンの方に興味あるんですけどね。ペリクルミラー一眼は水素エンジン車かな?


[No.66439] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 22:11
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> どうなんですかねぇ、いきなりスポーツ用をミラーレスにしてしまうのは。確かに連写速度を上げることはできるけど、あの遅延のあるEVFで流し撮りをやるのは至難の業だと思いましたし、スーパー35mmといったらAPS-Cより少し小さいんですよね。kissは従来どおり1800万画素にすると思われるけど、1Dxと同等の高ISO時S/Nにするには1000万画素以下にする必要がありますよね。

流し撮りですか?僕は先日MotoGPの日本GPで流し撮り初体験(EOS 7Dで)しましたが、その時の感覚を思い出しながらGH1で流し撮りを想定してファインダー覗きながらカメラ振ってみましたが、全く問題ないと感じました。最近のEVFはGH1よりかなり良くなってますから、ほとんど問題ないと思います。とは言え、僕も個人的希望を言えば、ミラーレスよりペリクルミラーの方が嬉しいですが・・(^^;)

また、スーパー35mmというのは、APS-CやAPH-Hだとどうしてもフルサイズ35mmシステムで妥協してセンサーサイズを小さくしたというイメージがつきまとうので、35mmより小さいセンサーに特化した新マウントをリリースする際、そういうマイナスイメージを払拭する為の方便だと考えています。

スーパー35mmはアスペクト比が3:2ではないので、動画撮影はスーパー35mm相当で撮影し、静止画は3:2にする為に上下に拡大するのではないかと想像します。つまりその分、スーパー35mm相当より上下方向に大きいセンサーを搭載するのではないかと思います。

EOS C300のセンサーサイズは24.6×13.8mmですので、EOS 7Dの22.3×14.9mmより横幅は大きいので、実際のセンサーサイズはAPS-Cより若干大きいサイズにし、それを飽くまでもAPS-Cとは呼ばずスーパー35mm相当(スチール時はスーパー35mm相当をベースにアスペクト比を3:2としたオリジナルサイズ)で押し切るのではないかという予想です。

> コントラストAFは位相差AFと同等にできるんですかね。パナのμ4/3機はかなり速いといわれているけど、ソニーのトランスルーセント機は位相差AFするためにわざわざハーフミラーをつけているし。像面位相差AFはフジやニコンがパテントを握ってるのかな?

像面位相差AFは最初にフジが出して、ニコンが追従した時点で、キヤノンでも実現可能と考えています。パナのコントラストAFは本当に速いですよ。僕は実は像面位相差AFではないかと疑っている位です。オリンパスのコントラストAFもPEN-E3で負けないくらい速くなりました。

ただ、動体予測AFでは位相差AFには敵わないでしょうから、今後のトレンドは像面位相差AFになっていくだろうと思います。その流れにキヤノンが乗れなかったら、今後キヤノンは相当厳しくなるだろうと思いますし、間違いなく研究しているだろうと予測します。

個人的にはキヤノンにはペリクルミラーで究極の一眼レフを作って欲しいです。ペリクルミラーで像面位相差AFで光学ファインダー。個人的にはベストの組み合わせだと思います。

何れにしても、メカ的な可動部分を排除した高性能カメラを開発しないと、今後の競争には生き残れないのではないかと考えます。


[No.66448] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:EJ20  投稿日:2011/11/17(Thu) 16:10

古い人間からすると別に今のままでいいよ、と言いたいのですが機構の簡略化、電子化は避けて通れないのかなぁ。
ただレンジファインダー機が未だに製造されているように、35mmフルサイズ機だけは今のままでいてほしいと願わずにはいられません。


[No.66413] Re: コンシューマー展開に期待 投稿者:Crytstal2  投稿日:2011/11/11(Fri) 18:12
URL:http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111104/biz11110416560011-n1.htm

kubotaさん、こんにちは。
レスありがとうございます。

確かにおっしゃる通りだし、私の中ではもう通り過ぎてしまったことで、キヤノンに対して悪い印象もありません。

ご意見をうかがって、ひとつ思ったこととして、そもそも英語と日本語では形容詞、修飾語の用法が、辞書に載っている意味通りではないですよね。
私としたことが情けないな。

実は私は欧米では「Legendary xxxxxxx Crystal2」(xxxxxxxは職業名、Crystal2は実名)などと紹介されることが多いです。
これを日本語では「伝説のxxxxxxx Crystal2」と翻訳することができますが、
同業者から「お前はいつ伝説になったんだよw」と、からかわれること10数年。

結局、用法が違うんですよね。その点わかっていながら、趣味のカメラ業界の話なんで、完全にお客さん目線になってました。
お恥ずかしい限りです。



> > 私も色々作ってワールドワイドで売ってきましたけど
> > 「歴史的」「世界的」なんて言葉を使ってティーザをやったことはありません。
>
> スチールカメラのトップメーカーであるキヤノンが映像制作市場に本格参入したというのは充分「歴史的」発表じゃないかと思います。「世界的」というのはグローバル企業なんだから今更わざわざ言う事でもないとは思いますが、間違いでもないと思います。
>
> 「画期的」「革新的」発表を期待されていた様なので、それではがっかりするのも当然だろうと思いますが、「歴史的」「世界的」という言葉に「画期的」「革新的」という意味は入ってないと思いますので・・
>
> 個人的にはハリウッドで発表という事で、順当な発表だったと思います。予想されていた様な撮影後にフォーカス処理する様なカメラをハリウッドで発表するとは考え難いと思いますし、その技術自体は既に他社が開発、発表しているものですから、逆に歴史的でも何でもない様な気がします。
>
> さて、僕としては、こんな高額な業務用シネカメラはとても手が出ませんが、今後これをフラッグシップとしたコンシューマー製品の展開がある事に期待します。
>
> CINEMA EOS SYSTEMには手が出ないハイアマのビデオユーザーに向けて、ソニーのNEX-VG20の様なモデル展開があるのではないかと思いますが、量産効果によるコストダウンを狙って、ソニーのNEXシリーズ同様共通マウントでスチールカメラも展開するのだろうと思います。
>
> つまり、これでキヤノンのミラーレス機は大判センサーになる事がほぼ確定したと考えています。おそらくセンサーサイズはスーパー35mmが濃厚でしょうね。フォーサーズ〜APS-Cのサイズを期待していた身としてはほぼ理想的なセンサーサイズです。
>
> Nikon 1 V1が電子シャッターモードがある為、無音でシャッターが切れるため、ライブ撮影に最適と思いつつ、センサーサイズの小ささが残念だったので、キヤノンからスーパー35mm相当で同じ様なミラーレス機が出るとなると個人的には万々歳です。
>
> 後はV1同様電子シャッターモードがある事と、AF性能の高さを期待しつつ、ミラーレス機の発表を待つのみです。


[No.66400] Re: がっかり 投稿者:TomOne  投稿日:2011/11/07(Mon) 20:48
URL:http://p-act.sakura.ne.jp/

> そうですね、他の放送用カメラの老舗メーカー製だと数千万かかるところを、数百万で済みますよというのがキヤノンの売りなのでしょう。
> 何百億かけて製作する映画はともかく、中小零細の映画製作会社にとってデジタルシネマに参入する敷居が低くなるという点では意味があると思いますが、それを一般庶民に宣伝してなんか意味があるのかな?というのが素直な感想です。

200万程度の業務用ビデオカメラやデッキだと、案外ハイアマチュアが
買っちゃうんで、ある程度は意味あるかも。

それにインターネットで庶民も見れる様になっただけで、
本来はプロにしか宣伝してないつもりなのかも。


さらに、それまでは数百万円する業務用でも 2/3in が常識だった
ビデオ業界に、数十万円で 35mm のビデオが撮れる様になった 5D II は、
それこそ世界が変わる様な革命だったらしいし。


[No.66394] Re: がっかり 投稿者:らんせ  投稿日:2011/11/05(Sat) 03:15

> 出ましたね…
>
> これのどこが「世界的」「歴史的」発表なのか。
>
> 技術者として、キヤノンファンとして、かなりガッカリしました。
>
> 言葉はもっと大切に使ってほしい…

私もこれはがっかりでした。
キヤノンがスチルカメラだけの会社ではないことは分かっていたのですが・・・
私は一DSLRでの撮影を愉しむ者として、狭いAFポイント、視線入力の非実現、ローパスをキャンセルできないカメラ郡に不満を持っているのでそれらが後回しにされたと感じて残念な気持ちになりました。


[No.66404] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/09(Wed) 23:28
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> 私は一DSLRでの撮影を愉しむ者として、狭いAFポイント、視線入力の非実現、ローパスをキャンセルできないカメラ郡に不満を持っているのでそれらが後回しにされたと感じて残念な気持ちになりました。

視線入力に関しては、EOS-3からこれだけ期間が空いてしまうと、キヤノンとしてはこの技術には見切りを付けたと考えて良いと思います。やはり万人向けの機能となり得なかったという事でしょうね。僕は店頭デモ機で試した限りではキャリブレーションなしでもバシバシAFが合って快感だったですが、いくらキャリブレーションしても思った所にAFが合わないという人も多かったみたいですので、その辺の個人差の問題がどうしても解消出来なかったのでは無いでしょうか?

また、視線入力に変わる技術として、これからはタッチパネルモニターを利用したタッチAF等が活用される様になっていくのだろうと思います。

ローパスに関しては、センサー技術の問題ですので将来的には可能性はあるのかも知れませんが、フォベオンの所有する特許の問題等が障壁となっている可能性もありますね。

で、狭いAFポイントに関しては、TTL位相差AFセンサーのイメージセンサー内蔵によって解決する問題だと思います。それが実現した時、少なくともAFに関しては可動ミラーの存在意義は無くなると思います。

また、EOS-1D XがAF固定の秒間14コマの高速連写を搭載して来ましたが、コンデジでもあるまいしAF固定してまで高速連写機能を搭載し、しかもそれがたった秒間14コマという所に可動ミラー式一眼レフの限界を感じましたし、そんな機能を敢えて搭載したキヤノンの焦りも感じました。

もし、ミラーがペリクルミラーだったら、秒間14コマでもAFを追従させる事が可能だったのではないかと思いますし、更にフォーカルプレーンシャッターではなく、電子シャッターであったなら、更なる高速連写も可能でしょうし、AF固定ならば超高速連写も可能になるでしょう。

1000万画素フル画素で秒間60コマの超高速連写が可能なNikon 1 V1の発表の後に、EOS-1D Xが発表された事で、いよいよミラー可動式一眼レフの技術的限界が訪れてしまった事を切実に感じましたし、未来の高性能カメラはミラーレスによって可能になる新技術開発によって更なる高性能に向かっていくのだろうと実感させられました。

そこに来てCINEMA EOS SYSTEMが発表された事で、キヤノンもその方向へ向かっていくのだろうと感じ、ワクワクしています。

可動ミラーの制限と、それを利用したAF方式の制限を越えた新しいミラーレス一眼の時代がいよいよやって来る。CINEMA EOS SYSTEMはその予兆であり、新時代の幕開けを告げる発表だったと思います。

未来にこの発表を振り返った時、きっとこれが歴史的発表だった事を多くの人が悟るのではないかと思います。


[No.66416] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:スポーツフォトグラファー  投稿日:2011/11/12(Sat) 19:37

スポーツ写真を撮る者にとって、光学ファインダーを覗きながらギリギリのフレーミングとタイミングで撮影するのが常識です。
ミラーレスを仕事で使うことは、あり得ません。

何時間も続けての撮影で、EVFなんか観ていられません。 目がおかしくなります。

高速連写を求めるシーンもあるのかも知れませんが、私にとっては10コマ/秒で十分です。

スポーツを撮っていても、たいていはタイミングで1コマずつレリーズしており、連写に頼ることは殆どしていませんよ。
歩留まりを高めるため、あえてする場合もありますが、それに10コマ以上は必要ありません。

> 可動ミラーの制限と、それを利用したAF方式の制限を越えた新しいミラーレス一眼の時代がいよいよやって来る。CINEMA EOS SYSTEMはその予兆であり、新時代の幕開けを告げる発表だったと思います。


[No.66417] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/13(Sun) 04:46

> スポーツ写真を撮る者にとって、光学ファインダーを覗きながらギリギリのフレーミングとタイミングで撮影するのが常識です。
> ミラーレスを仕事で使うことは、あり得ません。
>
> 何時間も続けての撮影で、EVFなんか観ていられません。 目がおかしくなります。
>
> 高速連写を求めるシーンもあるのかも知れませんが、私にとっては10コマ/秒で十分です。
>
> スポーツを撮っていても、たいていはタイミングで1コマずつレリーズしており、連写に頼ることは殆どしていませんよ。
> 歩留まりを高めるため、あえてする場合もありますが、それに10コマ以上は必要ありません。

私はビデオも撮っていますが、ライブなどで二時間くらいでも目がおかしくなるような事はありません。
出来の悪い一眼レフよりは業務用ビデオのビューファーの方が目の疲れは少ないです。
(でも、α77のEVFだと彩度が高いのでちょっと心配をしています。)
10コマ/秒どころか、5コマ秒もあれば充分だとは感じていますが、15コマ/秒あたりを超えると
違った世界が広がるかもしれません。(それよりもレリーズタイムラグが重要ですが)
スチルカメラの場合、EVFだと表示の遅延の問題がありますが、それさえ克服できれば
チューニング次第では現状の光学ファインダーよりも見やすくなる可能性はあると思います。


[No.66418] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:らんせ  投稿日:2011/11/13(Sun) 10:45

> 私はビデオも撮っていますが、ライブなどで二時間くらいでも目がおかしくなるような事はありません。

ビデオを撮るときにビューファインダーのぞきっぱなしで2時間というシチュエーションがあるんでしょうか?
個人的な疑問なのですが、両目で観れる状態とするかカメラはある程度固定して必要のあるときだけ(構図調整のときや大きく動きがあるときだけ)じゃないんですか?
これだと全然条件が違う気が。

背面液晶のことをビューファーと言ってるのなら話は別ですが。

> チューニング次第では現状の光学ファインダーよりも見やすくなる可能性はあると思います。

撮り方が変わりそうな気がしますね。
撮るのとデータを作るのが分業になれば。


[No.66419] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/13(Sun) 13:38

らんせさん、こんにちは。

> > 私はビデオも撮っていますが、ライブなどで二時間くらいでも目がおかしくなるような事はありません。
>
> ビデオを撮るときにビューファインダーのぞきっぱなしで2時間というシチュエーションがあるんでしょうか?

2時間カメラを操作し続けることはあっても、2時間カットなしで撮るというのはなかなかないかと。
舞台などがそれにあたるでしょうか。いずれにせよ前者のことを仰ってるんだと思いますよ。

> 個人的な疑問なのですが、両目で観れる状態とするかカメラはある程度固定して必要のあるときだけ(構図調整のときや大きく動きがあるときだけ)じゃないんですか?
> これだと全然条件が違う気が。

私の撮り方はこれです。
絵は外部出力したモニタで確認します。

> 背面液晶のことをビューファーと言ってるのなら話は別ですが。

業務用ビデオと仰ってるので、接眼式ビューファのことだと思います。


> > チューニング次第では現状の光学ファインダーよりも見やすくなる可能性はあると思います。
>
> 撮り方が変わりそうな気がしますね。
> 撮るのとデータを作るのが分業になれば。

うーむ…w
解像度無視で30Pで「写真切出し用」のビデオを取ったことありますが、
俺はいったい何をやってんだと、ふと空しくなったことを思い出しました


[No.66424] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:らんせ  投稿日:2011/11/14(Mon) 00:45

> 2時間カメラを操作し続けることはあっても、2時間カットなしで撮るというのはなかなかないかと。

確かに。
2時間という時間指定のライブでもバンドなら構成人数、グループならヴォーカルの数くらいは想定するものを言ってもらえないと指標にならないかなと。
後で切り貼りする素材なのか記録用のベタ撮りなのかでも違ってきますしね。

> 絵は外部出力したモニタで確認します。

ライブで後からDVDを出すようなところはたいていそうですよね。
そのレベルになると実質は両目でモニタ観てるだけなのでファインダー覗くより格段に楽ですね。

> 解像度無視で30Pで「写真切出し用」のビデオを取ったことありますが、
> 俺はいったい何をやってんだと、ふと空しくなったことを思い出しました

究極的にはそれに行き着くんでしょうね。お仕事写真あたりは・・・
趣味で撮ってる写真ですが、こんなビデオの切り出しと一シャッター入魂のスチルに差が出なくなったら私もDSLRを卒業してそうです(^^;つまんなくて。


[No.66444] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 22:55
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> 趣味で撮ってる写真ですが、こんなビデオの切り出しと一シャッター入魂のスチルに差が出なくなったら私もDSLRを卒業してそうです(^^;つまんなくて。

その辺の葛藤は僕も感じています。スチールNGでビデオだけ撮るという機会も増え、blog掲載の為にビデオから静止画を切り出すという作業もする様になったので、その辺の葛藤をblogにも書いています。

http://ko1kubota.exblog.jp/15786141/

でも、この作業をやっていると、現場でスチール撮影をしているのを、ビデオ上で疑似体験している感覚になって、それはそれで面白いんですよね。スチール撮影のシミュレーションをやっている様な感覚で新鮮な感覚だったりします。それを面白いと感じている自分に怖さを感じているというのもあります。

結局、スチールにはスチールの、ビデオにはビデオの、ビデオからスチール切り出しにはビデオからスチール切り出しの、それぞれ別の面白さがあるというのも事実だと思います。


[No.66447] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/17(Thu) 12:16

kubotaさん、こんにちは。

サイトの方、拝見させていただきました。
私も最近、インディーズなんですかね、あれは。取り敢えずライブで歌ってCD売ってる女の子たちを良く取ります。
Vも回しますよ。

会社の社員3人(元プロカメ一人w)くらい連れて行って、スチル2台で撮らせて、Vは一台を置きっぱなしです。Vは観るのも時間かかるんで女の子も喜ばないしw、箱が狭いともう音がどうにもなりません。
以前、n百万使って音屋をやとってDVD化までしましたが、それでも「はあ?」って感じでしたね、結局は、空間の音場次第かと。腕でも金でも解決できましぇん。

さて、ブログにVが4Kで撮れるようになったら、スチルで撮る意味が見出せなくなるかも、とありましたが、そうでもないと思いますよ。
これはもちろん個人的見解ですが、

まず第一に、スチルとVでは立ち回り(=カメラワーク)の自由度が全く異なりますから、似て非なるものと思っています。

次にVは基本的に音無しでは成立しないもの。スチルは絵だけで成立させるものという違いがあると思います。結果として当然、撮影へのアプローチ、機材、布陣も変わるでしょう。

最後に、Vは連続性の中で見せるもの。安い脚でパンしてお釣りがきただけで映像として台無しになります。それに対してスチルは瞬間を(都合よくw)切り取るもの。

考えてみただけで、だいぶ違うなあと思うのが私の考えです。

kubotaさんのご意見を否定するとかそういう意味ではないので、誤解しないでくださいね^^
徹夜明けなので、スチャラカなこと書いてるかもしれませんが、ご容赦ください。

あ! あとSSをいじれるV機材も多いですから、kubotaさん的には、そちらを試されると良いかもしれません。
それでは失礼します。


> その辺の葛藤は僕も感じています。スチールNGでビデオだけ撮るという機会も増え、blog掲載の為にビデオから静止画を切り出すという作業もする様になったので、その辺の葛藤をblogにも書いています。
>
> http://ko1kubota.exblog.jp/15786141/
>
> でも、この作業をやっていると、現場でスチール撮影をしているのを、ビデオ上で疑似体験している感覚になって、それはそれで面白いんですよね。スチール撮影のシミュレーションをやっている様な感覚で新鮮な感覚だったりします。それを面白いと感じている自分に怖さを感じているというのもあります。
>
> 結局、スチールにはスチールの、ビデオにはビデオの、ビデオからスチール切り出しにはビデオからスチール切り出しの、それぞれ別の面白さがあるというのも事実だと思います。


[No.66471] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:らんせ  投稿日:2011/11/23(Wed) 14:18

> その辺の葛藤は僕も感じています。スチールNGでビデオだけ撮るという機会も増え、blog掲載の為にビデオから静止画を切り出すという作業もする様になったので、その辺の葛藤をblogにも書いています。

遅レスですが、blogを拝見させていただきました。
舞台のように背景の処理などが不要なシチュエーションでは確かに動画切り出しも、縮小画像で見る分には実用なレベルのように感じました。

私が撮影しない分野なのでシャッター音の問題等を考えると動画に可能性を見出すのはありだと思いますが、後処理での時間を考えると私にはとても無理かなと感じました。
スチルでも連写で良いカットを抑えようとしたときに選別するのを投げ出したくなるときがあるくらいなので(^^;

> 結局、スチールにはスチールの、ビデオにはビデオの、ビデオからスチール切り出しにはビデオからスチール切り出しの、それぞれ別の面白さがあるというのも事実だと思います。

そうですね。人それぞれの部分はあると思います。
私の感性は個人的には今までは多数派の部類だと思っていましたが、少数派になってしまったときはそれなりに諦めてでも趣味を続けていくしかないかなと思っています。


[No.66443] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 22:40
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> 2時間カメラを操作し続けることはあっても、2時間カットなしで撮るというのはなかなかないかと。
> 舞台などがそれにあたるでしょうか。いずれにせよ前者のことを仰ってるんだと思いますよ。

僕の場合、まだ2時間連続撮影の経験はありませんが、可能性としてはあり得ます。上演時間が2時間の舞台を撮影するのであれば必然的にそうなりますし、その場合、僕のスタイルでは2時間ビューファインダー覗きっぱなしになるでしょう。

僕がビューファインダー覗きっぱなし以外でビデオを撮るとしたら、スチールと同時撮影の場合だけです。ビデオ撮影オンリーだったら、確実にビューファインダー覗きっぱなしで撮ります。ビデオ撮影に専念出来るなら、そうするのが当然と思っています。


[No.66422] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/13(Sun) 23:11

> ビデオを撮るときにビューファインダーのぞきっぱなしで2時間というシチュエーションがあるんでしょうか?
> 個人的な疑問なのですが、両目で観れる状態とするかカメラはある程度固定して必要のあるときだけ(構図調整のときや大きく動きがあるときだけ)じゃないんですか?
> これだと全然条件が違う気が。

スチルでも二時間ファインダーを覗きっぱなしという状況は特異なのでは?

スポーツの場合は、シャッターチャンス=決定的瞬間が何時のタイミングで来ても
対応できるようにしないといけないという部分で難しさはありましが、
基本は台本に則って行われるステージ撮影においては、スチルは「決めポーズ」を
押さえればいいという部分もあり、ずっとファインダーを覗いている事は少ないが
ビデオ撮影では一連の動作を継続的に追う必要があります。

もっとも最近は家庭用ベースのAF機を使っているのでAFで問題ない場合は
内蔵モニターを使って両目を使って撮る事が多くはなりましたが、
ちょっと前まではMFでずっとビューファーを覗いていましたし、
AF機でもカメラ位置がピットとか会場最後列でない場合は後の観客に迷惑が
かからないように内蔵モニターでなくビューファーを使っています。
(スチルでも背面モニターのポストビューは迷惑ですが)
 
二時間のライブといっても,ぶっ通しではなく20〜30分ごとにアーティスト交代で
3〜5分程のインターバルはありますし、ミュージカルなんかでも場面転換などで
ビューファーから目を離す余裕はあります。
日舞の生徒さんの発表会とかになると、インターバルなしの2時間超もありますが
その時は、引きの絵でフィックスも多用するなどの体力温存の工夫はしています。

スチルは時間軸を点で捉えるのにたいして、ビデオだと線で捉える必要があり
瞬発力というか一瞬の集中力はスチルですが、ビデオは持久戦という感じで
音も考慮しないといけないなど、ファインダーを注視している時間はスチルよりも
ビデオの方が長いと考えていいと思います。


[No.66442] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 22:35
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> ビデオを撮るときにビューファインダーのぞきっぱなしで2時間というシチュエーションがあるんでしょうか?

僕はビデオを撮る時も基本はビューファインダーで撮ります。(場合によっては背面液晶で撮る事もありますが。可能な限りビューファインダーで撮りたいと思っています。)ビューファインダーを覗きながらビデオ撮影するのに、個人的に最も適した形だと思っているので、一眼タイプのGH1でビデオを撮っています。

2時間連続撮影の経験はまだありませんが、1時間前後ならビュファインダー覗きっぱなしで撮影した事は何度もありますし、場合によっては2時間連続撮影も充分あり得ると思います。

個人的にはGH1のEVFを2時間覗きっぱなしで撮影しても何ら問題ないと思っています。だからこそ、バッテリーとメモリーカード容量の許す限り連続撮影可能なGH1を購入したんですし。


[No.66421] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:スポーツフォトグラファー  投稿日:2011/11/13(Sun) 22:03

冗談に聞こえるかも知れませんが、一秒の間に三つの被写体を次々にフレーミングして、AFを合わせ、レリーズするという撮り方を何時間も続けるという仕事をしています。
表示の遅延は致命的ですし、ISさえ切らないと酔ってしまいます。

スチルとビデオとは全く別物です。
失礼ながら、EVFなど問題外なのです。

> 私はビデオも撮っていますが、ライブなどで二時間くらいでも目がおかしくなるような事はありません。
> 出来の悪い一眼レフよりは業務用ビデオのビューファーの方が目の疲れは少ないです。
> (でも、α77のEVFだと彩度が高いのでちょっと心配をしています。)
> 10コマ/秒どころか、5コマ秒もあれば充分だとは感じていますが、15コマ/秒あたりを超えると
> 違った世界が広がるかもしれません。(それよりもレリーズタイムラグが重要ですが)
> スチルカメラの場合、EVFだと表示の遅延の問題がありますが、それさえ克服できれば
> チューニング次第では現状の光学ファインダーよりも見やすくなる可能性はあると思います。


[No.66423] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/13(Sun) 23:17

> 冗談に聞こえるかも知れませんが、一秒の間に三つの被写体を次々にフレーミングして、AFを合わせ、レリーズするという撮り方を何時間も続けるという仕事をしています。
> 表示の遅延は致命的ですし、ISさえ切らないと酔ってしまいます。

こういうような条件だと、現状のEVFはまったく使い物にならないでしょうね。
私も野球やサッカーなどを撮りはしますが、そこまで専門的じゃないので
α77でも、それなりに実用的になりそうな感触で一度試してみたいと思っていますが
デモ機がなかなか借りられなくて・・・

ところで女子バレーでインターバルの間の選手を撮っているカメラに「SONY」の
文字がみえましたが、プレー中もα77で撮ったモノがあるかもしれません。
(しかし、国際大会の会場って明るそうでいいなぁ)


[No.66445] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 23:01
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> 冗談に聞こえるかも知れませんが、一秒の間に三つの被写体を次々にフレーミングして、AFを合わせ、レリーズするという撮り方を何時間も続けるという仕事をしています。

僕は仕事ではないですが、そういう撮り方は普通にしますね。

> 表示の遅延は致命的ですし、ISさえ切らないと酔ってしまいます。
>
> スチルとビデオとは全く別物です。
> 失礼ながら、EVFなど問題外なのです。

ISは必要ないので使いません。スチールとビデオは別物だと思いますが、EVFは問題外だとは思いません。DiMAGE 7Hiの頃は問題外と思っていましたが、時代が変わりました。


[No.66480] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/26(Sat) 07:11

はじめまして、こんばんは。

> 冗談に聞こえるかも知れませんが、一秒の間に三つの被写体を次々にフレーミングして、AFを合わせ、レリーズするという撮り方を何時間も続けるという仕事をしています。

冗談ではなく、ただ素直に

すげーー!

と思います。
そんな事が自分に出来たらな、と思うと同時に、出来るかどうかはともかくそういう世界があるんだ

と思い、また目指そうという気持ちになりました。


[No.66441] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 22:28
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> スポーツ写真を撮る者にとって、光学ファインダーを覗きながらギリギリのフレーミングとタイミングで撮影するのが常識です。
> ミラーレスを仕事で使うことは、あり得ません。

今のミラーレス機はそうかも知れませんね。でも10年後のミラーレス機はどうでしょうか?デジタル一眼の黎明期にもデジタル一眼に否定的なカメラマンが大勢いましたが、彼らは今でもフィルムで撮ってますかね(^^;)?

> 何時間も続けての撮影で、EVFなんか観ていられません。 目がおかしくなります。

EVFの進化は日進月歩ですよ。僕はGH1の時点でこれなら妥協出来ると思いました。今のEVFはもっと進化しています。まだ妥協が必要なレベルかも知れませんが、いずれ妥協を要しないレベルまで進化するだろうと思います。

フジのX100のハイブリットファインダーを覗いて光学ファインダーとFVFを切り替えると面白いです。切り替えるとまだまだEVFが光学ファインダーに敵わないのが確認出来ます。でも、切り替えないと光学ファインダーと間違えてしまいそうなレベルにまで来ています。EVFもここまで来たか〜と実感出来るモデルです。勿論、まだまだ性能向上する余地が無限に残されています。

> 高速連写を求めるシーンもあるのかも知れませんが、私にとっては10コマ/秒で十分です。
>
> スポーツを撮っていても、たいていはタイミングで1コマずつレリーズしており、連写に頼ることは殆どしていませんよ。
> 歩留まりを高めるため、あえてする場合もありますが、それに10コマ以上は必要ありません。

僕もEOS 10Dの時は秒間3コマで充分と思っていました。EOS 30Dで秒間5コマで充分と思いました。今はEOS 7Dで秒間8コマで充分と思っています。多分秒間10コマのカメラを使ったらそれで充分だと思うだろうし、20コマのカメラを使ったらそれで充分だと思うでしょう。

性能が上がったら、上がったでその性能を使いこなす様になるのが人間だと思います。性能が上がった分、可能性は拡大します。それを使いこなすか、こなさないかはユーザー次第ですね。無理に使う必要もありませんが、より多くの可能性を手中に収めている事の余裕が良い結果を招く事もあろうかと思います。

いずれにしても、技術の進歩とは誰か一個人の為だけのものではないのは確かだろうと思います。


[No.66425] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:らんせ  投稿日:2011/11/14(Mon) 00:50

> 視線入力に関しては、EOS-3からこれだけ期間が空いてしまうと、キヤノンとしてはこの技術には見切りを付けたと考えて良いと思います。やはり万人向けの機能となり得なかったという事でしょうね。僕は店頭デモ機で試した限りではキャリブレーションなしでもバシバシAFが合って快感だったですが、いくらキャリブレーションしても思った所にAFが合わないという人も多かったみたいですので、その辺の個人差の問題がどうしても解消出来なかったのでは無いでしょうか?

そうなんでしょうね。
人によってという部分はネットがある現代では悪い噂の方が圧倒的に出回りますし。
でも12点を超えたAFの場合ダイアルや十字キーで調整したくはならないですよね。

> ローパスに関しては、センサー技術の問題ですので将来的には可能性はあるのかも知れませんが、フォベオンの所有する特許の問題等が障壁となっている可能性もありますね。

もしそうなら思索という段階でもフォベオンセンサー搭載のカメラ出して欲しいですね。
シグマだとシグマ純正のレンズを使うことになるので敷居が高すぎますw
> もし、ミラーがペリクルミラーだったら、秒間14コマでもAFを追従させる事が可能だったのではないかと思いますし、更にフォーカルプレーンシャッターではなく、電子シャッターであったなら、更なる高速連写も可能でしょうし、AF固定ならば超高速連写も可能になるでしょう。

ペリクルミラー機も出てこないですね。
ミラーレスよりこっちの方が歓迎なんですが、きっとコストとの兼ね合いや小型化できない現実に負けちゃいますよね。
キヤノンが新システム作ったとしてもEOSとはストロボくらいしか共用できないシステムになる気がしてあまり興味をもてなくなってます・・・


[No.66426] Re: 視線入力 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/15(Tue) 00:24

視線入力ですが、EOS5を使っていました。
テストの時は上手く作動するけど実際の撮影では、なかなか思い通りに動かない・・・

考えてみれば、撮影の時って主要被写体以外にも目配せする事が多いんですね。
E0S-3の頃にはメイン機材のニコンに切り替えていたので、どれだけ進歩したか
判らないんですが、当時のEOS-3のユーザから視線入力の話題が出た記憶がなく
おそらく,ほとんどの人が視線入力は使っていなかったんだろうと、
実質的にはプアマンズEOS-1だったり、パワーブースター無しならEOS-1より
高速という部分で選んでいたのだと推測します。

ニコンの3DトラッキングAFを実感している経験から、1DXのEOS iSA Systemは
視線入力がそのまま進化したモノと較べても実戦的であろうと期待できます。


[No.66427] Re: 視線入力 投稿者:らんせ  投稿日:2011/11/15(Tue) 01:45

> 視線入力ですが、EOS5を使っていました。
> テストの時は上手く作動するけど実際の撮影では、なかなか思い通りに動かない・・・

EOS5はAFの測距点が少なすぎて視線入力を使うまでもないですしね。

私は練習してもファインダー覗きながらダイアルでAFポイントを変更するのがどうしてもできなかったので、視線入力にはかなり期待をしていたのですが。
必要ない人も多数いるのでしょうね。
中央一点であわせてカメラ振るのはアナログ過ぎるのでそろそろ卒業したいところです。

> ニコンの3DトラッキングAFを実感している経験から、1DXのEOS iSA Systemは
> 視線入力がそのまま進化したモノと較べても実戦的であろうと期待できます。

3Dトラッキングを使うようになって、フルサイズの測距点の狭さを痛感した口なんですがD300Sならかなり満足感がたかいんでしょうね。
D200の売り時を逃したので中々APS-C機を買い換えようという気持ちまでいかないので知らないのです。
1DXのAFはまた新開発みたいですがどうなんでしょうね。


[No.66429] Re: 視線入力 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/15(Tue) 05:08

こんにちは!

私なんか藤四郎ですが、AF枠はダイアル二つでガリガリやってますよ!
縦位置でメインとサブが体感上入れ替わるのかウザいっね。
もしかしたらオプションにあるのかも。
何にしたってたいしたことじゃあないですw.



> > テストの時は上手く作動するけど実際の撮影では、なかなか思い通りに動かない・・・
>
> EOS5はAFの測距点が少なすぎて視線入力を使うまでもないですしね。
>
> 私は練習してもファインダー覗きながらダイアルでAFポイントを変更するのがどうしてもできなかったので、視線入力にはかなり期待をしていたのですが。
> 必要ない人も多数いるのでしょうね。
> 中央一点であわせてカメラ振るのはアナログ過ぎるのでそろそろ卒業したいところです。
>
> > ニコンの3DトラッキングAFを実感している経験から、1DXのEOS iSA Systemは
> > 視線入力がそのまま進化したモノと較べても実戦的であろうと期待できます。
>
> 3Dトラッキングを使うようになって、フルサイズの測距点の狭さを痛感した口なんですがD300Sならかなり満足感がたかいんでしょうね。
> D200の売り時を逃したので中々APS-C機を買い換えようという気持ちまでいかないので知らないのです。
> 1DXのAFはまた新開発みたいですがどうなんでしょうね。


[No.66431] Re: 視線入力 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/15(Tue) 18:27

> 私なんか藤四郎ですが、AF枠はダイアル二つでガリガリやってますよ!
> 縦位置でメインとサブが体感上入れ替わるのかウザいっね。

横3点の移動とかなら、回転式のダイヤルでも問題ないのですが
上下左右に移動させるのに、回転運動のダイヤルで操作するのは
直感的でないというか、これを使うこなすのは職人技が要求されそう。
デジタル化以降のメニュー操作でも、ダイヤルで自由に選ぶのは至難の業で
この対策で「マルチコントローラー」がEOS 20Dから採用されたのでしょう。

ま、ニコンの「右マイナス、左プラス」よりはマシなんですが・・・


[No.66437] Re: 視線入力 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/16(Wed) 03:04

M-KEYさん、今晩は!

> 横3点の移動とかなら、回転式のダイヤルでも問題ないのですが
> 上下左右に移動させるのに、回転運動のダイヤルで操作するのは
> 直感的でないというか、これを使うこなすのは職人技が要求されそう。

1D4が何点AFだったか忘れてしまいましたが、ガリガリ俊足でやってます
操作だけなら職人になっちゃったということですかね^^;

ダイアルは回すスピードによって、対象枠の移動スピードが変わりますから、
慣れちゃうとスティックより便利かもです。
ただ、縦位置で枠選択ボタンを押したときは、
スチャラカになるので、ダイアルの読み替えをして欲しいです。

あと、ガリガリ感が操作に直結してるのが好きなんですが、
どうやら1Dxでは機械式ダイアルではなく、電子式ダイアルになるそうなので、
耐久性向上のためとはいえ、うーむ、、という感じです。


> デジタル化以降のメニュー操作でも、ダイヤルで自由に選ぶのは至難の業で
> この対策で「マルチコントローラー」がEOS 20Dから採用されたのでしょう。
>

メニューもガリガリですw

> ま、ニコンの「右マイナス、左プラス」よりはマシなんですが・・・

聞くだに恐ろしい感じですね、、


[No.66432] Re: 視線入力 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/15(Tue) 18:45

> 私は練習してもファインダー覗きながらダイアルでAFポイントを変更するのがどうしてもできなかったので、視線入力にはかなり期待をしていたのですが。
> 必要ない人も多数いるのでしょうね。
> 中央一点であわせてカメラ振るのはアナログ過ぎるのでそろそろ卒業したいところです。

EOS 20Dから採用された「マルチコントローラー」はどうですか?
機種によっては指が届きにくいという難点はありますが、
直感的にAFエリアを選択するというなら、被写体によっては「中央合わせAFロックで振る」
よりも便利だと思います。

> 3Dトラッキングを使うようになって、フルサイズの測距点の狭さを痛感した口なんですがD300Sならかなり満足感がたかいんでしょうね。
> D200の売り時を逃したので中々APS-C機を買い換えようという気持ちまでいかないので知らないのです。
> 1DXのAFはまた新開発みたいですがどうなんでしょうね。

3Dトラッキングだろうがなかろうが35mmフル機のAFエリアの分布の狭さに辟易しており、
要求解像度が低い媒体の場合はD3でDXクロップを多用しています。
(α900はクロップの範囲がファインダーで確認しづらいので諦めています)
EOS iSA Systemにかんしては新開発と言えども、ニコンの3DトラッキングAFを研究しつくした
でしょうし動体予測AFの実績もあり,その出来に心配する必要はないのでは?


[No.66430] Re: 視線入力 投稿者:KATANA  投稿日:2011/11/15(Tue) 12:09
URL:http://members.at.infoseek.co.jp/SUZUKI_KATANA/index.html

> 視線入力ですが、EOS5を使っていました。
> テストの時は上手く作動するけど実際の撮影では、なかなか思い通りに動かない・・・
>
> 考えてみれば、撮影の時って主要被写体以外にも目配せする事が多いんですね。
> E0S-3の頃にはメイン機材のニコンに切り替えていたので、どれだけ進歩したか
> 判らないんですが、当時のEOS-3のユーザから視線入力の話題が出た記憶がなく
> おそらく,ほとんどの人が視線入力は使っていなかったんだろうと、
がそのまま進化したモノと較べても実戦的であろうと期待できます。

EOS 7は結構視線入力が使い物になってました。
とても便利でした。
キヤノンもEOS 7から視線入力を搭載していれば、前評判が悪くなくて済んだのかも知れません。
もっとも、万人に対して有効かは判りませんが。


[No.66433] Re: 視線入力 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/15(Tue) 18:48

> EOS 7は結構視線入力が使い物になってました。

EOS 7(s)でも視線入力にたいする評価を聞いた記憶がないんですね。
EOS 5で懲りたのか「食わず嫌い」状態だったのでしょうか?
熟成が進んでいたのに放棄しちゃったのは勿体ないハナシで、EOS D30やD60では
無理だったとしてもEOS 10Dあたりで復活させていれば、また違った展開だったかも?


[No.66446] Re: 新時代スチールカメラの予兆 投稿者:   投稿日:2011/11/16(Wed) 23:26
URL:http://homepage.mac.com/ko1kubota/

> でも12点を超えたAFの場合ダイアルや十字キーで調整したくはならないですよね。

僕はEOS-1DIIをレンタルで使った時に、前ダイアルと後ダイアルでAFポイントを移動させる操作性に感動しました。十字キーは論外ですが、EOS-1D系の45点任意選択は個人的には狙ったポイントに瞬時に移動出来る素晴らしい操作性だと思っています。AFポイント選択を完全に自分のコントロール下に置けるという意味では、視線入力より安心感が高く確実な方法だと思います。

十字キーの場合、思わぬ方向に動く事がありますが、EOS-1D系の場合はダイアル1クリックで1ポイント移動するのは間違いなく、横方向と縦方向も別ダイアルに割り振られているので間違いありません。また、十字キーなら5ポイント動かずには十字キーを5回押さないと駄目ですし、長押しで一気に移動させようとすると、移動量を調整するのが困難ですが、ダイアルなら目的のポイントまで一気にダイアルを回す事も可能で、その時もクリック数(またはダイアルの回転角度)で目的の場所まで移動した事は指先の感覚で分かります。

撮影者自身が熟練すれば確実で間違いない選択が可能です。

僕は、あれを操作した時、これなら視線入力は不要だと感じました。

> もしそうなら思索という段階でもフォベオンセンサー搭載のカメラ出して欲しいですね。
> シグマだとシグマ純正のレンズを使うことになるので敷居が高すぎますw

シグマがライセンスしてくれないでしょう(^^;)。キヤノンにフォベオンをライセンスしたら誰もシグマのカメラを買わなくなってしまうでしょうから・・

ふと思ったんですが、有効画素数3200万画素のセンサーで4画素混合で800万画素相当の画像を得るとしたら、1ドット対しRGGBの色情報が使用出来る事になるので、その場合ローパスって不要にならないんですかね?

> ペリクルミラー機も出てこないですね。
> ミラーレスよりこっちの方が歓迎なんですが、きっとコストとの兼ね合いや小型化できない現実に負けちゃいますよね。

キヤノンはミラーレス機ブームに対し、「一眼レフの良さを生かしてミラーレスに対抗していきたい」という様な事を言っていたので、それを実現するならペリクルミラーしかないと思うんですけどね。

個人的にはペリクルミラーの方がベターだけど、EVFもまだまだ進化するだろうから、ミラーレスでも可というスタンスです。


[No.66395] 待ってました 投稿者:T.T  投稿日:2011/11/05(Sat) 10:20

個人的には 待ってました!!! です

ハリウッドで歴史的な発表 ということでムービー系とは思ってましたが 正に直球でした
ムービーの世界ではこれは歴史的快挙な気がします

私はNIKON Fマウントな人間ですが 正直うらやましい。
先日発表のあったNIKON 1(ワン)が ミラーレスということで期待していたのに
あのサイズじゃ・・・
せめてAPS-Cで Fマウントレンズ郡が使えるムービーカメラなら大喜びしていたのに。
映画界で名前が通ると 一段とEOSブランドが成長するように思います

初物でまだまだ一般ユーザーには高価なようですが 個人ユーザーでも扱えるような
商品構成もラインナップしてもらいたいところです

もう スチルとムービーの境目がなくなってきたように感じます。


[No.66454] ご教示ください 投稿者:polysige  投稿日:2011/11/19(Sat) 19:09

最近仕事でハードウェア側からムービー機に携わり始めたものです。(つまり撮影者側の人間ではありません。)

他意なく純粋に教えて頂きたく。
C300の以下の様な機種に対するアドバンテージは何なのでしょうか?

ソニーPMWF3
レッドスカーレットX

インターBeeに行ってみましたが、今一つ歴史的とアピールされて注目を集める理由が素人にはわかりません。

価格、大きさ重量、撮像素子サイズ、出力フォーマット、マウント別のレンズ資産など、色々業界や個人によって求めるものが違うのだろうと予想するのですが、そのあたりのところを教えてください。

すみません。何故かPCから投稿出来なかったので携帯からの投稿になってしまい、言葉足らずご了承下さい。


[No.66458] Re: ご教示ください 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/20(Sun) 02:37

こんにちは。
キヤノンにとって歴史的なのであって、あまり気にする必要もないかと。
代替機材をお持ちの方はそちらで撮ればよろしいと存じます。

私も言葉に踊らされた者にて、冷めた言い方になっていますが、
なんにしたって撮るのはヒトなんですから。
各自、事情に合わせて機材を選びましょう、という基本に戻っただけですね。
その他、仔細な事項が必要であれば、各ベンダーにお問い合わせください。
その方が正確、有意義ですよ。

> 最近仕事でハードウェア側からムービー機に携わり始めたものです。(つまり撮影者側の人間ではありません。)
>
> 他意なく純粋に教えて頂きたく。
> C300の以下の様な機種に対するアドバンテージは何なのでしょうか?
>
> ソニーPMWF3
> レッドスカーレットX
>
> インターBeeに行ってみましたが、今一つ歴史的とアピールされて注目を集める理由が素人にはわかりません。
>
> 価格、大きさ重量、撮像素子サイズ、出力フォーマット、マウント別のレンズ資産など、色々業界や個人によって求めるものが違うのだろうと予想するのですが、そのあたりのところを教えてください。
>
> すみません。何故かPCから投稿出来なかったので携帯からの投稿になってしまい、言葉足らずご了承下さい。


[No.66464] Re: ご教示ください 投稿者:polysige  投稿日:2011/11/20(Sun) 21:16

Crystal2様
M-KEY様

ご回答ありがとうございます。

> 代替機材をお持ちの方はそちらで撮ればよろしいと存じます。
 わかりにくい言い方をしてしまいました。”ハードウェア側から”と申しましたのは、私はメーカー側の人間です。正確には動画機の部品屋です。
ですので機材は持っていませんし、使ったこともありません。
動画の業務機に携わりながらわからないことが多いので、好奇心でここで質問させていただきました。
 一眼レフデジカメは、一部を除き民生品で私も持っていますので、色々と自分の経験からもわかりやすいのですが、業務機というのはわかりにくく感じています。

> 各自、事情に合わせて機材を選びましょう、という基本に戻っただけですね。
> その他、仔細な事項が必要であれば、各ベンダーにお問い合わせください。
 という訳でして、仔細な仕様を知りたいというよりは、前者の”各自の事情に合わせて”という方をお聞かせ願いたいのです。
 極端に言うと、今回C300がハリウッドで発表されていますが、「ではハリウッドで映画を撮るのに、既に発売されているソニーNEX-FS100JやパナソニックのAG-AF105ではどこら辺が採用されない理由なのか?」
コスト的にはC300よりも両機は優れているのですが・・・
 ではインディーズで映画を撮る人はハード仕様のどの辺を重視するのか?ハリウッドで映画を撮る人と同じなのか異なるのか?
ではCM撮る方は?TVドラマを撮る方は?PVを撮る方はハードの仕様のどこら辺を重視するのか?
 なんだか重くなってしまいましたが、主観で構いませんのでそのあたり一部でもお話聞けたらなという希望です。


[No.66465] お答えします 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/22(Tue) 02:42

こんばんは。

スレ主ということもありますので、私からお答えしましょう。無論私見です。

私は商売柄、ハリウッドの著名監督と触れ合う機会が多く、仕事をもらうこともあるし良く可愛がっていただいています。ジェームズ・キャメロン氏、クリス・ノーラン氏、ジェリー・ブラッカイマー氏および彼の懇意の監督たち、マイケル・マン氏、最近ではカール・リンシュ氏らです。

その立場から、去る11月3日の発表を彼らがどう受け止めているか、興味を持ちました。
そこで数名の方に聞いてみたのですが、彼らは「キヤノンの歴史的・世界的発表」がハリウッドで行われるということなど、まるで知らなかったというのが現実です。

またその発表内容をディナーをしながら酒のつまみにしていたのですが、「8K,3Dあたりじゃないの? それでも別に驚かないけど」とのこと。
なら何なら驚く?という話で出てきたのが、本ツリーの冒頭に書いた妄想だったというお話です。それ以外の案としては「タイムマシン」がありましたね。「そしたら驚いてやる」それくらいの感覚ですよ、彼らは。

すなわち、彼らは映像機材などは、自分らの都合に合わせてベンダーに開発させるなり、自社開発してしまう立場であって、今回のキヤノンの発表したデバイス程度では、発表後の今も何ら興味を持っていません。
たとえば彼らの子飼いのカメラマンが、「今度出た安いゴチャゴチャした奴、試しに使ってみたい」とか言ったら、「良いんじゃねーの?」とか、その程度の話です。

>  極端に言うと、今回C300がハリウッドで発表されていますが、「ではハリウッドで映画を撮るのに、既に発売されているソニーNEX-FS100JやパナソニックのAG-AF105ではどこら辺が採用されない理由なのか?」
> コスト的にはC300よりも両機は優れているのですが・・・

これらの2つも同じですね。ただの半端なシネカメラです。
ちなみにNEXなんちゃらは、私個人でも願い下げです。


>  ではインディーズで映画を撮る人はハード仕様のどの辺を重視するのか?ハリウッドで映画を撮る人と同じなのか異なるのか?

まったくことなりますね。
彼らはかつてXL1がレンズ交換式として発売されたときに歓喜して飛び付きました。良い映画もたくさん撮られたことと思います。
カメラ・レンズ・撮影・ポスト加工費と、値段が全行程においてリーズナブルでしたからね。

しかしあのときXL1に飛び付いた人たちと今、同年代になった若者たちが、件のシネカメラで視聴者の満足のいくところまで作品を追い込むのに資金が足りるのか?
このご時世不景気ですから、ファンドも組みにくい。さて、どこからお金を引っ張ってきましょうかね?

> ではCM撮る方は?TVドラマを撮る方は?PVを撮る方はハードの仕様のどこら辺を重視するのか?

日本のCF、PVの現場においては5D2あたりから本格的に広く導入されています。
これはCF監督には映画志向の方が多く、また自身がかつてフイルムでCFを撮っていたころの、被写界深度制御ができるため、若手を突き放すために積極的にそちらに行っている方も多いです。

TVは良く知りません。というよりそもそも放映されているTV番組を見れば、大した機材を使ってないのは一目瞭然ですよね?


>  なんだか重くなってしまいましたが、主観で構いませんのでそのあたり一部でもお話聞けたらなという希望です。

はい、無論私見です。ご参考になれば。


[No.66466] Re: お答えします 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/22(Tue) 11:51

> たとえば彼らの子飼いのカメラマンが、「今度出た安いゴチャゴチャした奴、試しに使ってみたい」とか言ったら、「良いんじゃねーの?」とか、その程度の話です。

そこを足がかりにしていこうという算段でしょうし、現状のEOSムービーからの置き換えが一定量進めば充分なのでは?
おそらく数十年前にキヤノンがスチル業界でやったように,想定される需要家に好条件で販売or貸し出して
「新しいキヤノンの奴ケッコウ面白いよ」と興味を持ってもらい、巨匠の作品のワンシーンにも採用されたら御の字。

一方、国内の弱小プロダクションの場合、いまだ完全にHD化を完了していないところも多く
暫定的にNX5のような家庭用ベースの業務機でお茶を濁している状態です。
映像素材用にEOSを使ってるのを見かけるようにはなりましたが、FS-1000やAG-AF105は見かけませんね。
スチル=キヤノンという図式があるようで、ソニーの業務機を使っていてもαマウントのレンズが今は
ソニーで売られていて、それが使えるソニー製ムービー機がある事を知らない人は多いです。
(一応は、ソニーからお知らせは行っているハズなんですけね)
スチルのレンズシステムを使っての動画撮影=EOSムービーという図式が出来上がっており
今後、C300はは単館上映のような作品に貸与というカタチで取り入っていくんじゃないでしょうか?
そのためにも(現場では相手にされていなくとも)本場ハリウッドで発表という箔付けは必要かと・・・

> しかしあのときXL1に飛び付いた人たちと今、同年代になった若者たちが、件のシネカメラで視聴者の満足のいくところまで作品を追い込むのに資金が足りるのか?

ここにNEXなんちゃらがあるんですね。
XL1の時は超望遠くらいしか明確なメリットがなかったけど、NEXなんちゃらだと
ピントのコントロールという実に判りやすく訴求力のあるメリットがマイクくらいの
金額で(使えないレンズ込みで)買えちゃえます。
(ちょっと前まで一眼レフ用で作った虚像を逆さにしたカメラで撮っていましたから)

実はVG10を買ってその不完全さに辟易としてはいますが、アダプターで絞りリングのあるニッコールを
使うという前提ならそれなりには使えるので、とりあえず数本のCMとプロモで元を取りました。
といってもFS-1000を導入するほどの利益は見込めないので・・・
実際はNEX-5Nでも画質的には問題ないかもしれないけど、さすがにあの筐体でお金はもらいにくいです。
(古い肩のせに内蔵しちゃえばいいかもしれません)

フィルムでいえば、今までは8mmを使っていたけど16mmよりも安いコストで
35mmが撮れるようになったというのに近いんじゃないでしょうか?


[No.66467] Re: お答えします 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/22(Tue) 12:57

M-Keyさん、こんにちは。
尻切れトンボみたいなのは嫌なので、質問者さんというよりこのコミュのために、私の知ることを書きました。
お陰でM-Keyさんからも興味深いお話を頂けまして、書いて良かったと思っています。

国内事情では現場でやってらっしゃるM-Keyさんの方がお詳しいでしょうが、地球全体俯瞰すると、だいたい意見が一致したと理解してよろしいでしょうか。


> おそらく数十年前にキヤノンがスチル業界でやったように,想定される需要家に好条件で販売or貸し出して
> 「新しいキヤノンの奴ケッコウ面白いよ」と興味を持ってもらい、巨匠の作品のワンシーンにも採用されたら御の字。

なるほど。
数十年前の件は話しは聞いていましたが、まだ子供でしたので。そういう浸透戦略を練っているやもしれませんね。


> 一方、国内の弱小プロダクションの場合、いまだ完全にHD化を完了していないところも多く
> 暫定的にNX5のような家庭用ベースの業務機でお茶を濁している状態です。

ですよね。国内はどこも厳しいですね。
こないだ千葉のローカル30分番組を12万円で撮らねばならず助けてくれというので、ロハでウチの社員を2名出しました…
利益配分がおかしいんですよ、日本は。


> スチルのレンズシステムを使っての動画撮影=EOSムービーという図式が出来上がっており
> 今後、C300はは単館上映のような作品に貸与というカタチで取り入っていくんじゃないでしょうか?

うーん、ここが疑問なんですよ。
オフラインはSDでやるとしても、オンラインはHDインフェルノでしょう?
画像処理、ポスト処理の採算が取れるんでしょうか?
そのあたりM-Keyさんの現場感でのご意見もお聞かせ願いたいところです。

> そのためにも(現場では相手にされていなくとも)本場ハリウッドで発表という箔付けは必要かと・・・

ははは、実は当該発表は日本向けのハク付であったと。
胸のつかえが取れました。


> > しかしあのときXL1に飛び付いた人たちと今、同年代になった若者たちが、件のシネカメラで視聴者の満足のいくところまで作品を追い込むのに資金が足りるのか?
>
> ここにNEXなんちゃらがあるんですね。
> XL1の時は超望遠くらいしか明確なメリットがなかったけど、NEXなんちゃらだと
> ピントのコントロールという実に判りやすく訴求力のあるメリットがマイクくらいの
> 金額で(使えないレンズ込みで)買えちゃえます。
> (ちょっと前まで一眼レフ用で作った虚像を逆さにしたカメラで撮っていましたから)

上にも書きましたが、撮影後の行程/コストが気になるんですよ。
若手が商業ベースにのせるには、という意味においてです。


>
> 実はVG10を買ってその不完全さに辟易としてはいますが、アダプターで絞りリングのあるニッコールを
> 使うという前提ならそれなりには使えるので、とりあえず数本のCMとプロモで元を取りました。
> といってもFS-1000を導入するほどの利益は見込めないので・・・
> 実際はNEX-5Nでも画質的には問題ないかもしれないけど、さすがにあの筐体でお金はもらいにくいです。
> (古い肩のせに内蔵しちゃえばいいかもしれません)

いろいろな機種をお使いですね。
NEXなんちゃらは、バッサリ切り捨てましたが、上にご紹介いただいた機材とともに、改めてスペックをみてみようと思います。


> フィルムでいえば、今までは8mmを使っていたけど16mmよりも安いコストで
> 35mmが撮れるようになったというのに近いんじゃないでしょうか?

そうです。
これが一番なんですね、日本のCF,PV業界においては。
日本映画でも、DSLRで撮ったのが何本か出てきてましたしね。


[No.66468] Re: お答えします 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/23(Wed) 02:03

スレ違いの話題なんですが・・・

> 国内事情では現場でやってらっしゃるM-Keyさんの方がお詳しいでしょうが、地球全体俯瞰すると、だいたい意見が一致したと理解してよろしいでしょうか。

私は地方だし映像業界に居る訳ではなく現場で会う程度で、そんなに詳しくはないです。
でも、地デジ化で機材の更新費用はかさむけど収入は頭打ちで厳しいのは間違いなさそう。

> うーん、ここが疑問なんですよ。
> オフラインはSDでやるとしても、オンラインはHDインフェルノでしょう?
> 画像処理、ポスト処理の採算が取れるんでしょうか?

> 上にも書きましたが、撮影後の行程/コストが気になるんですよ。
> 若手が商業ベースにのせるには、という意味においてです。

私の場合、製作会社から撮影だけの依頼という場合、以前はDVテープをそのまま渡していました。
HDになってからはAVCHDで撮ったメディアをそのまま渡したり、AppleProResに変換したデータを
ポータブルHDDに入れて納品しているので,その後の処理についてはよくわかりません。
(インディーズのプロモなんかはiMovieで編集してMPEG4で渡す事もあります)

> これが一番なんですね、日本のCF,PV業界においては。
> 日本映画でも、DSLRで撮ったのが何本か出てきてましたしね。

撮影現場では「ムービー専用カメラに見える」という事が重要でしょうから
今は5D2を使っているけど、とりあえずEFマウントの方を買うつもりという声はあり、
今後はC300で撮られたモノが増えていくと思います。


[No.66472] Re: お答えします 投稿者:polysige  投稿日:2011/11/23(Wed) 22:30

>Crystal2様
>M-KEY様

 最早私が出てくる話の流れではないのですが、色々ご回答ありがとうございます。
タイムマシンを発表しないと最早驚いてもらえないというのはメーカー側の人間としては辛い限りです(^^;)

ほとんど書き込みはしませんでしたが、10年前くらいからこのサイトは覗かせてもらっていました。
しかしお二方の様なプロ中のプロな方が常連さんだとは気づいていませんでした。
本来EOSの一眼レフ用の掲示板に、動画専用機の質問をさせてもらって良かったです(管理人さん申し訳ありません。動画機材でここくらい人の集まっている掲示板を私は知りません)

 以下、お二方の話を元に、私の頭を整理するためにツラツラと長文ご容赦ください。


 お二方の回答や、今月号の「ビデオα」のp.46”映画「この空の〜」”の記事を読んで、自分なりモヤのかかっていたことが多少なりとも晴れました。

 上記記事では映画にパナソニックのAG-AF105をメイン機材に採用するに至る経緯が書かれていたのですが、私の意訳では下記消去法で上記カメラに決定したと読めます。
 ・経済的な理由でPMW-F3やRED ONEは難しい
 ・撮影時に機動力が欲しいので小型のカメラが望ましい
 ・映画的な被写界深度が欲しいのでセンサーサイズは大きいもの

 ただ、上記消去法ではまだソニーのNEX-FS100Jも残るはずであり、Crystal2さんがバッサリ切り捨てる理由ともどもやはり私には理解できておりません。
 HD-SDI出力がないから?
 NEXというレンズ資産は使えないのか?
 内蔵のNDフィルタがないというのはそんなに現場では差になるのか?


[No.66473] ありがとうございます(つづき) 投稿者:polysige  投稿日:2011/11/23(Wed) 22:33

> >Crystal2様
> >M-KEY様

 一方、同雑誌の本年8月号にはもう一つ映画「モテキ」にソニーのPMW-F3をメイン機材に選定した経緯も事例として紹介されており、こちらにはAG-AF105を含む他のハードの候補を蹴って上記機材に選定した決め手は”高SN”という風に結論づけられています。
 このことを私の欲しい情報に置き換えると、「AG-AF105との価格差を補うPMW-F3の撮影者側のメリットはSNの良さ」なのだなと理解しました。


 また、お二方のお話によると、以下のようであると理解致しました。
・国内弱小プロダクションの場合は、経済的理由一点により家庭用ベースの業務機採用

・CF,PV業界?は、”安価に被写界深度が大きい絵”を求めてフルサイズデジ一採用が進んでいる
 (しかし、何故「スチルのレンズシステムを使っての動画撮影=EOSムービーという図式」なのか?ニコンにもフルサイズはあるが?)

・インディーズ映画撮影の方は・・・?(昔はXL1。今は何を?)
 >カメラ・レンズ・撮影・ポスト加工費と、値段が全行程においてリーズナブル
  ↑カメラ、レンズまではモノのお値段なので素人にもわかるのですが、撮影・ポスト加工費はどういう条件だと高く付き、もしくは安くなるのか?
 ”撮影”は、機材が小さいと張り付く必要のある人間が減って、その分人件費削減?
 ”ポスト加工費”は???


[No.66474] ありがとうございます(つづき2) 投稿者:polysige  投稿日:2011/11/23(Wed) 22:35

> > >Crystal2様
> > >M-KEY様


 そして最後に、最初に私が投げた命題に戻ると、結局
”EOS C300がREDのスカーレットやソニーのPMW-F3に勝る点”は、一番下でM-KEYさんがお答えくださった「EFレンズ資産が使用できる」こと。
 5D-Mark2に対しては「ムービー専用カメラに見える」こと。


 以上ありがとうございました。
3連投申し訳ありませんでした。


[No.66478] Re: お答えします 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/26(Sat) 00:45

こんばんは。

だいたいご理解いただいた方向で、おおむね問題ないと思います。
あとはご自分で調査なさってください。

ただし下記については、調べても答えが出ないと思いますのでレス致します。


>  ただ、上記消去法ではまだソニーのNEX-FS100Jも残るはずであり、Crystal2さんがバッサリ切り捨てる理由ともどもやはり私には理解できておりません。
>  HD-SDI出力がないから?
>  NEXというレンズ資産は使えないのか?
>  内蔵のNDフィルタがないというのはそんなに現場では差になるのか?

これはですね、私個人の話として、ソニーが心の底からキライだからです。
相当の事情がなければ、ソニーの顧客となるなどもっての外であり、ビジネスの取引すらしたくありません。

なお、嫌う理由は特に説明いたしませんのでご了承ください。

それでは、諸々がんばってください。
若干なりともお役に立てたようで何よりです。


[No.66479] Re: お答えします 投稿者:Crystal2  投稿日:2011/11/26(Sat) 01:24

こんばんは。

> スレ違いの話題なんですが・・・

はい、これで最後にしましょうか。


> 私の場合、製作会社から撮影だけの依頼という場合、以前はDVテープをそのまま渡していました。
> HDになってからはAVCHDで撮ったメディアをそのまま渡したり、AppleProResに変換したデータを
> ポータブルHDDに入れて納品しているので,その後の処理についてはよくわかりません。

俳優や出演者へのギャラなどを除いて、純粋に「製作」という面だけにフォーカスすると、実は撮影費用よりも撮影後の映像加工費用がかかるケースが多いです。

この点こそが、私がいかな機材がベンダーからリリースされようが、若手が本当に輩出されやすくなったのかい?と言わざるを得ない理屈であったりします。
現在は民放も含め、横2Kの地デジに移行しましたが、その良さを作り手も顧客も、美意識的経済的に咀嚼できていないなかで横4Kですか。成功しませんよ。次は横8K?

スペックアップによる視聴者の満足。
次に撮影者の満足。
しかしそれを繋いでテレビ、銀幕に映すまでの工程に携わる方々が体力意欲が持つのかな?
また視聴者がその労働に見合う対価を喜んで払うのかな?
結果として、良き、無謀で、夢を見る若者が、発信者たり得るのかな?
というのが私の雑感です。
だからこそそれを超える世界的、歴史的発表をね、キヤノンにはしてもらいたかったわけですが、単なる枯れた技術の集積でしたね。

ともあれ、映像素材の納品後はどうなってるんだ!という話についてお書きします。

撮影後の工程はざっと以下の通り。

1.映像素材を2Kのノンリニア編集が可能なスタジオの編集機材へインポートします。
 解像度が高くなってますので、インポートすら時間かかります。
 開始すれば以後は自動ですが、途中でハングアップしたりして入れそこなったら
 翌日編集できず、最終的に番組に穴があく危険すらありますので、
 オペさんは寝ながら徹夜(?w)で付き合わされます。

2.ノンリニア編集を行います。
 クライアント、監督、現場の三すくみはスチルと一緒でしょう。
 クラがOKだすまでやります。
 安いバラエティ程度でしたらどうでもいいですが、ムービー、映画となると大変ですね。
 政治・思想などジオポリ問題まで出てくると四すくみになることも…
 むろん本来筋でいえば、それは企画段階の問題ですが、その間にスタジオ・オペさんの使用料が、ガンガン積み上がっていきます。

まあ中間的結論を言えば、「HDインフェルノ」で検索していただければわかりますが、都内のHDノンリニア編集ができる編集室の使用費がべらぼうに高いわけです。
だいぶ安くなりましたが、現在の不景気を考えると、皆さん青色吐息ですね。
都内を避けて高速で2時間くらい走ればだいぶ安くなりますが、時間に追われる世界ですから、なかなか難しい。

3.HD映像が上がったら、テロップ入れをテロッパーを使って行います。
 昨今の日本の下らない番組を観れば分かる通り、
 実に色とりどりでポップな文字が、画面のそこかしこから、これでもかと出てきますよね?
 この様式を欧米では"Japanese Crazy TV"と呼び、面白がる(からかう)向きもありますが、
 原則的にいえば「コンテンツの低俗・低品質をカバーするための演出」です。
 別に悪口を言いたいわけではありません。
 つまり、このテロップ入れも地獄の作業だということです。お金かかりますよ。
 先日お話しした千葉テレビの件に関しても、テロップ入れだけで、素材仕込みも含めれば3日かかりました。
 吐き出し(元のHD素材とのマージ)にも時間がかかります。

 なお業界で、もっとも金がかかった美しいテロップ入れの一つと言われているのは、
 「笑っていいとも」の総集編です。
 月曜の放送終了時点からテロップ入れが始まりますので。
 要するに総集編の放送日以外はずっと、連日連夜、テロップ入れをあーじゃない、こーじゃないとやってるわけですねw
 そういう視点でご覧になると、他の安い番組と違った洗練を感じられるかも?
 
4.テロップ入れと同時に、MAスタジオで音入れをやってます。
 テロップ込みの映像が上がった段階で、テロップに対してSEをつけていきます。
 音の上げ下げ、バランス調整。

5.クライアントのチェック
 まあ大変ですよね。
 そもそもこういうのが上手くない人は業界からすぐに消えますが…
 スチルも同じことと思料します。

最後ということで、ドバっと書いてしまった気がしますが、こんな感じです。
私自身は、自分がクライアントだったり監督である立場なので、オペさんには悪いなあと思いながらいつもやってます。
時間と予算との戦いの中、がんばってくれる人たちなので。

そういう意味で行ったら、現場では気遣いが一番大事ですね…
これもおそらくスチルと一緒かと存じます。

長文駄文、妙なスレ立て失礼いたしました。
またお付き合いいただいた方々に感謝します。


[No.66481] Re: お答えします 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/26(Sat) 09:14

> はい、これで最後にしましょうか。

いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。


[No.66460] Re: ご教示ください 投稿者:M-KEY  投稿日:2011/11/20(Sun) 09:16

> C300の以下の様な機種に対するアドバンテージは何なのでしょうか?

PLマウントとくらべ安価なEFマウントのレンズがアダプター無しで使える=絞りが自由に選べる
という利点があって、低予算で映像制作するプロダクションにとってはメリットはあるかも?