[掲示板へもどる]
一括表示

[No.67964] [関連記事]  フラッシュの調光方式とマニュアル発光 投稿者:M-KEY  投稿日:2013/04/24(Wed) 00:39

てんしさん

ちょっと混同されているようですので・・・

i-TTLとかE-TTLというのは、フラッシュの調光方式です。
内蔵フラッシュがマニュアル発光できるかどうかは直接関係ありません。
内蔵フラッシュでもクリップオンでも一般に高級機はTTL調光の他に
マニュアルでの細かい発光量の調節が出来ますが、廉価機の場合は
マニュアル発光が省略されていたり、あってもフル発光のみとか
発光量の選択肢が少ない場合が多いです。

TTL調光は、被写体の反射を使って発光量を決めているので
極端に白かったりとか、黒いとか、背景との輝度差が大きい時には
調光が正確に行われなく露出の過不足がおきます。
でも、ポストビューの結果からマニュアルで発光量を調節すれば、
被写体の状況に影響されずに安定したフラッシュ撮影が可能になります。

たとえば、アイキャッチの為だけ内蔵フラッシュを使いたきなどには
マニュアル発光が使えると便利です。


[No.67965] [関連記事]  Re: フラッシュの調光方式とマニュアル発光 投稿者:てんし  投稿日:2013/04/24(Wed) 02:30

M-KEYさん、詳しくありがとうございます。
ストロボって本当に難しくって、いつも適当ですσ(^◇^;)
内蔵のストロボを使う時っていわば非常時なので、余り深く考えていなかったと反省です。。


> てんしさん
>
> ちょっと混同されているようですので・・・
>
> i-TTLとかE-TTLというのは、フラッシュの調光方式です。
> 内蔵フラッシュがマニュアル発光できるかどうかは直接関係ありません。
> 内蔵フラッシュでもクリップオンでも一般に高級機はTTL調光の他に
> マニュアルでの細かい発光量の調節が出来ますが、廉価機の場合は
> マニュアル発光が省略されていたり、あってもフル発光のみとか
> 発光量の選択肢が少ない場合が多いです。
>
> TTL調光は、被写体の反射を使って発光量を決めているので
> 極端に白かったりとか、黒いとか、背景との輝度差が大きい時には
> 調光が正確に行われなく露出の過不足がおきます。
> でも、ポストビューの結果からマニュアルで発光量を調節すれば、
> 被写体の状況に影響されずに安定したフラッシュ撮影が可能になります。
>
> たとえば、アイキャッチの為だけ内蔵フラッシュを使いたきなどには
> マニュアル発光が使えると便利です。


[No.67966] [関連記事]  Re: フラッシュの調光方式とマニュアル発光 投稿者:山名  投稿日:2013/04/24(Wed) 18:49

> M-KEYさん、詳しくありがとうございます。
> ストロボって本当に難しくって、いつも適当ですσ(^◇^;)
> 内蔵のストロボを使う時っていわば非常時なので、余り深く考えていなかったと反省です。。

私からも御礼を!

M-KEYさん、てんしさんがちょっと勘違いされてるようなところを補足頂きまして有難うございました。
ついでの補足ですが、ニコン機はD70時代からマニュアル発光を選べるのが凄いと思いましたけど、7Dからは、キヤノン機もE-TTL発光と共にマニュアル発光が選べるようになってます。