EOS DIGITAL 掲示板
[TOPページ] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [フォトコン]   

[No.67865] [関連記事]  Re: 各種現像ソフトの比較(その2) 投稿者:岩清水  投稿日:2012/11/15(Thu) 08:02

> おそらくPOLICEさんのご指摘の通り、NRをかけているのではなく、
> デモザイク処理のアルゴリズムである可能性が高いと推測いたします。
>
> わたしは逆の発想で「RawTherapee(DCRAW)以外の既存の現像ソフトには見た目を
> 良くするためNRをかけてなくてもNRが掛かっている」…のではなく、
> RawTherapeeがシャープネスを設定していなくてもシャープネスをかけている
> のではないかと勘ぐっています。

たとえば真っ黒な被写体を撮ったとすると本来黒であるはずが光ってしまうピクセルが出てしまうのがノイズの一つですね。RawTherapeeにはインパルスNRの機能がありそういったピクセルを取り除く効果があります(もちろん副作用もありますが)。
DPPにはCrystal2さんがおっしゃるようにセンサの欠落などを見えなくする処理が入っているかもしれません。しかしリバースエンジニアリングをされてRAW現像ソフトを作られてしまうのはメーカにとっては面白くないことで、メーカにしかわからないことがRAWファイルの中に入っているのかもしれません。
シャープネスが入ると必ず輪郭が見えるものですがRawTherapeeにそのようなものは特に見られず、シャープネスをかけているかどうかはちょっとわからないです。少なくともシャープネスをかけなくても十分な解像感が得られていることですね。それと私のマシンでは現像に掛かる時間がDPPでは7Dのデータで2秒程度、RawTherapeeはデモザイク処理だけに3秒ほど掛かります。


- 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ(半角1文字は不可)※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL
メッセージ中には上記URLと同じURLを書き込まないで下さい
メッセージ  手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←200kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (半角アルファベットと半角数字の両方を必ず含む6桁〜8桁)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー