一括表示

[No.21263] 20DのマニュアルレンズAE不良 投稿者:シモン  投稿日:2005/06/18(Sat) 18:03

中判銀塩カメラを使っていましたが、最近20Dレンズセットを買ったばかりです。いままで使っていたPENTAX67のレンズをレンズアダプタを介して使用し絞り優先AEで使ったところAE機能がうまく働きません。
具体的には、室内で90mmf2.8のレンズで壁に張ったチャートを写したのですが、
  f2.8 1/320秒 ISO400 評価測光 補正なし ヒストグラムの山は
      70/255くらいで1絞り暗い。
  f8   1/15秒 ISO400 評価測光 補正なし ヒストグラムの山は
      130/255くらいでほぼ適正
  f16 0.3秒 ISO400 評価測光 補正なし ヒストグラムの山は
      150/255くらいでやや明るい。
三脚を使いフィルターなしです。
レンズセットの17−85mmレンズでは問題がでません。
いままで35mmAFカメラは使ったことがないので分からないのですが、MFレンズではうまく測光ができないのでしょうか?キヤノンはFDレンズのアダプタを売っていますからできないとは思いませんが。休み明けにサービスセンターへ持っていっても他社レンズでの不具合は受付けてくれないかもしれませんので、何かお分かりの方はアドバイスください。通販の初期不良交換期限も迫ったいるので本日分かったこの不具合には困っています。


[No.21264] Re: 20DのマニュアルレンズAE不良 投稿者:すー  投稿日:2005/06/18(Sat) 18:44

--> シモン さん

この組み合わせとヒストグラムは合っているようですので、同じ被写体を1絞り絞ったらシャッター速度が1段落ちるようにならないということですね。

例えばf2.8で複数回シャッターを切った場合はいかがでしょうか?
評価測光以外はどうでしょうか?
今までお使いとのことでまずないとは思いますが絞り羽根は正常に動作しておりますでしょうか?

私はアダプターは使っておりませんが、測光方式ではないかと疑っております。(アダプターの問題かもしれません)


[No.21267] 普通です。AE不良ではないです。 投稿者:雅巳  投稿日:2005/06/18(Sat) 19:43
URL:http://www013.upp.so-net.ne.jp/kmasa/

--> シモン さん

こんなの普通のことです。不良ではないです。コンタックスのレンズでもアダプタを使ったとき、露出は合わないです。これを合わせるように要望するのは無理があると思います。ぼくは、EFレンズだって、AEでなく、ミノルタフラッシュメータIVで測って、マニュアルで設定しています。


[No.21268] Re: 20DのマニュアルレンズAE不良 投稿者:メロ  投稿日:2005/06/18(Sat) 19:52

--> シモン さん

> いままで35mmAFカメラは使ったことがないので分からないのですが、MFレンズではうまく測光ができないのでしょうか?

 結論から申しまして基本的にEOS用レンズ以外はうまく測光できません。これはEOS用以外のレンズでは開口補正ができないのが原因です。

 近年のAF一眼レフでは明るさを重視し、拡散度の低いスクリーンが使われがちです(EOS20Dは多少マシですが)。つまり正面(光軸付近)の光はよくスクリーンに反映されるが、レンズ周辺から来る光はあまり映し出されません。これはスクリーンのボケが小さいことからも理解出来ると思います。例えばF1.4のレンズを付けようがF2.8のレンズを付けようがファインダーの明るさってさほど変わりませんよね。少なくとも4倍もの差があるとは思えないと思います。

 スクリーンの開放測光方式を採用する上でこれはまずいんです。これを解決するためにレンズ内ROMにはそのレンズの開放F値やテレセントリック性などを含めた露出の開口補正データが内蔵しており、スクリーンを測光した後、それに開口補正係数を掛けることによって実際の露出としています。

 しかしマウントアダプタを経由してレンズを装着した場合、開口補正データがボディ側に伝わらないため、正確な露出が行えません。どのくらいの補正が必要かは、レンズの開放F値やレンズ構成によって異なりますが、一般に開放付近ではやや暗めに、絞り込むとやや明るめになることが知られています。これはシモンさんのデータに一致すると思います。

> キヤノンはFDレンズのアダプタを売っていますからできないとは思いませんが。

 FD-EOSアダプタの説明書にはAEに誤差が発生することが書かれています。これは上述の開口補正が行われないのが原因です。これが発売された当時は比較的単純な散光特性を持つレーザーマットが主流でしたので、露出補正も容易だったのですが…。

 実際にどのくらいの露出補正が必要かは、いくつかのホームページなどで検証されたりしてはいますが、EOS20Dの検証はどうも少ないようですね。一応ご自身で検証されることをお薦めします。


[No.21269] Re: 20DのマニュアルレンズAE不良 投稿者:シモン  投稿日:2005/06/18(Sat) 20:54

-->すーさん、雅巳さん、 メロ さん

早速のレスポンスありがとうございます。
不良ではないことが分かり一安心です。
開口補正係数ですか。このようなものがROMで補正されているとはまったく知りませんでした。
確かにファインダーにセンサーがあって、そこでは斜めの光などを測光して
いないのであれば納得です。

使う中判レンズについては絞りごとに測定して使うつもりです。測定が簡単
なのがデジタルの強みですね。金がないので165mmや300mmは当面流用したいものです。

今後使い込んで、Velvia色がDPPやPSで出せるようになれば中判を使う機会も減りそうです。