[次のレポートへ進む→]


scatterbrainはどちらかといえば、銀塩カメラ派でした。だってデジタルカメラは撮るのはいいですけど、その後の処理が面倒くさかったからです。もちろんこの面倒くささはレタッチの自由度の大きさということでもありますので、これを機会に撮影から現像、レタッチまで基礎から勉強していくつもりです!

さて新しいKISS DIGITAL Nですが、女性の私には本当にちょうどいい大きさ・重さです。でも男性の方には少しグリップが小さいかな?

レンズセットの18-55mmはとても軽くて使いやすそうなレンズです。欲を言えばもう少し全長が短ければそのままお出かけバッグに入りそうなんですが・・・。



このKISS DIGITAL Nを使ってみて最初に目に付くのは渋い黒色のモードダイヤルです。エントリー機とは思えない質感で、とても気に入りました。ただモードダイヤルや電源スイッチを指1本でで素早く操作するには少々慣れが必要です。グリップ同様手の大きな男性だと少し使いづらいかもしれません(親指と人差し指の2本で操作するのであれば問題ありません)

AFのスピードは文句なしに高速だと思います。またシャッターを切ったときの音も、これは好きずきでしょうが"シュキーン"という心地よい音だと感じました。

ボディの質感もなかなか高いです。でも小さいボディなので、その質感の高さをいたずらに主張する感じはありません。つまりどこで撮影しても目立たない=被写体に警戒させない、というメリットがあると思います。


初めにKISS DIGITAL Nレンズセットのために購入したオプションは、レンズのフードです。これが大きいフードだったらパス(画質のためには付けた方がイイですよね)だったんですが、ご覧のように非常にコンパクトです。KISS DIGITAL Nレンズセットを購入される方は、一緒に注文されることをおすすめします。ただし非常に装着しずらいです。付けっぱなしにすれば問題なし?

これからKISS DIGITAL Nを使って、デジタル一眼レフの基本の基本から勉強していきたいと思ってます。幸い機材は身近にたくさんありそうですし(笑)またTOPページでも紹介しましたが、デジタル一眼レフ初心者でも気軽に書き込みができる

d-forum.net 

scatterbrainの大きな味方になると思っています。皆様の書き込みをお待ちしております。





 [次のレポートへ進む→]




[EOS-D-SLR.net]