□□□□□[HOME]




[←前のレポートにもどる次のレポートへ進む→]

■D30、レンズで描写の差はどれくらい出るの?

〜比べてみました、普及レンズと高級レンズ 〜


■何度も書いて恐縮ですが、管理人は銀塩カメラの経験ゼロ。D30が初の"交換レンズ方式"である。銀塩カメラなんかでは『描写はレンズできまるッ!』みたいなコトが良く言われるみたいだが、デジカメであるD30だとそこらへんはどうなのか調べてみました。テスト前の予想としては、「そりゃーやっぱレンズで決まりでショ」ってのと「デジカメなんだから、そんなにシビアに差はでないカモ・・・違いはレタッチでカバーできるレベル?」ってのが8:2位のカンジ。

比較に使用したレンズは以下の2本。沢山のレンズを比較できれば良いのだが、いまんとこ同スペックのレンズは2本しかないのでいた仕方あるまいっていばるんじゃぁナイよオレは。 またテストの結果は厳密なものではナイ可能性があることをご了承下さい。

renz.jpg

EF28-80mm 3.5-5.6 USMU(画像左)
・・・只で手に入れた標準ズームレンズ。現行はXなので、だいぶ前のレンズと思われる。(Xの定価:26,000円)

EF28-70mm 2.8L USM(画像右)
・・・・どうしても開放F2.8のボケ味がほしくてかなりムリして購入した標準ズームレンズ。差がなかったら泣きます。(定価:185,000円)




■撮影DATA・・・レンズ焦点距離70.00mm、絞り値F5.60、ISO400(以上共通)その他はLINKのオリジナル画像のExif情報を参照して下さい。オリジナル以外のレタッチはリサイズ、トリミング処理のみ。

*オリジナルのサイズは2Mを超えますのでご注意下さい

28-80mm-s.jpg

■EF28-80mm 3.5-5.6 USMU画像
28-80mm-t.jpg


■左画像の中央部トリミング画像
28-70mm-s.jpg

■EF28-70mm 2.8L USM画像
28-70mm-t.jpg


■左画像の中央部トリミング画像


■Web用なんかの300×200圧縮画像ではハッキリとした差はわかりにくいものの、中央部トリミング画像やLINK先のオリジナル画像を見ると解像度、色乗り、各収差で大きな差があることがわかります。銀塩ユーザーの方には「んなもん、ハナからわかっとるわい!」と怒られそうな結論ではあるが、デジカメだって『描写はレンズできまるッ!』ってことを実感した次第。

ただ、これは標準ズームレンズの両極端の価格帯(しかも、一方は旧製品)の比較であって、所謂中堅クラスのコストパフォーマンスの良いレンズと比べた場合に、管理人に分かる程度の明確な差がつくのかどうかは甚だ疑問ではあります。また実用上では、この差はWeb上で比較的大きなサイズで表示する場合や、高性能プリンタでの印刷時に現れるもので、普及価格帯のレンズにも価格や携帯性でアドバンテージがあることは言うまでもアリマセン。っていうかLレンズってやたらオモイんだよ。



[←前のレポートにもどる次のレポートへ進む→]