□□□□□[HOME]



[←前のレポートにもどる次のレポートへ進む→]

■バッグネタ再び!

〜ステルスリポーター650AWにEOS-D詰め込んでみました 〜


lowepro ■1Ds購入への道はまだ開かれず(というか本音言えば管理人の使い方では1Dでも今のとこ十分と思ってるかも)物欲が燻っている上にサイト更新もさぼっている管理人ですが、いつものよーにここらへんで小ネタ一発。

画像は最近購入したloweproのステルスリポーター650AWである。カメラバッグはtamracがお気に入りの管理人であるが、このステルスリポーターは「いかにもカメラバッグ!」という感じがなく、ノーパソも収納できるということで購入してみました。



lowepro ■内部はこんな感じ。サイズはW370mm H280mm D215mmです。A4ファイルサイズ対応のPCバッグを分厚くした感じで、見た目も結構スマートです。実際仕事場にこのバッグ持って行きましたが、誰もカメラバッグだと気が付きませんでした。もっともこのバッグはカメラも収納できるコンピューターバッグというコンセプトの商品らしいですから、当然といえば当然ですね。


lowepro ■"リポーター"という名前の通り基本的にはレンズを付けたカメラを中央に突っ込んでおき、イザというときには画像のように蓋の中央ファスナーを開いて即撮影といったスタイルを想定して作られたバックです。loweproの製品はトレッカーベルトパックを持っていますが、いずれもファスナー周りがしっかり作られており安心感があります。蓋は完全密閉式ではありませんが、少々の雨では機材が濡れる心配はなさそうです。また背面には防滴シートが収納され、引っ張り出して蓋を完全に覆うことができます。



lowepro ■肝心の収納ですが、これはスゴイの一言。
画像の1D+70-200mmF2.8LIS、16-35mm、28-70mmの3Lズームに加えて、28mmF1.8、50mmF1.4、85mmF1.8、100mmマクロF2.8USM、エクステンダー×2II、スピードライト550EX、さらに14型画面のノーパソ、ついでに2カメラ搭載の携帯P504isが全部収納できちゃいます。まだ前面のポケット群は使ってませんのでCFなどの小物はいくらでも入るでしょう。ただあんまり詰め込みすぎるとムチャクチャ重くなるので、必要最小限の機材だけ入れて、という使い方が良いでしょう。このバッグ文句なしオススメです!




[←前のレポートにもどる次のレポートへ進む→]