□□□□□[HOME]



[←前のレポートにもどる次のレポートへ進む→]

■EF70-200mm F2.8L IS USM対EF85mmF1.2L USM+EF135mmF2L USM+EF200mmF1.8L USM

〜っていうか今回やたらタイトル長くないですか〜


デジタル一眼レフの価格がどんどん下がっているのは非常に喜ばしいことである。しかし、私と同じくデジ一眼のオーナーが陥りやすい沼がある。そう、いわずと知れた

レンズ沼


である。この沼に膝くらいまで漬かっちゃうと、バ○高いフラッグシップデジ一眼の値段すらあんまり気にならなくなるそうであるから不思議である。この沼にもいろいろな段階があるらしい。

Lズーム沼 所謂3Lズームである。このデカくて重いズーム買っちゃうと、レンズに合わせるために1D系を購入する方も多いらしい。
単焦点沼 "F2.8=暗い"という感覚を持つあなたはこの沼にもう漬かってます。勿論Lでない単焦点にも良いレンズは沢山あります。
長玉沼 レンズ沼の代名詞?である。通常ロクヨンISで打ち止めだが、その後三脚沼とか、雲台沼とかが控えているので要注意である。
マウントアダプタ沼 ある意味一番深い沼かも。EFレンズでは満足できない貴方に


管理人の場合は、Lズーム沼(ただし標準は28-70の旧製品所持)を経て単焦点沼の初期段階?で、比較的症状は軽いほうである。願わくば「長玉沼」や「マウントアダプタ沼」だけには落ちずに、財布にやさしいカメラライフを送りたいものである。

ということで、予告どおり「EF70-200mm F2.8L IS USM対EF85mmF1.2L USM+EF135mmF2L USM+EF200mmF1.8L USM」をお送りしたい。タイトルを文章で書くと分かりにくいので、画像で説明すれば







という感じである。今回前フリが長いのは中身の無さを補うためであるのはいうまでもない、っていうかEF200mmF1.8L USMでけーよ、お前ったったの200mmだろ、1Dマーク2に付けても前から見たらレンズしか見えないじゃないか、しかもサンニッパより重いし。



それでは、本題の比較画像である。いろんな比較方法が考えられるが、管理人はボケているボケが好きであるので、絞りを変えて単焦点とズームのボケ味を比べてみたい。モデルには古くからの付き合いのハスキー嬢をお願いした。名前の通り米国生まれでちょっと色黒ではあるが頭が小さい上に脚が長くてスタイル抜群である。

管理人がひたすらハスキー嬢を激写している横には、キャッツキャ言いながらお互い写真を撮りっこっしているラブラブなカップルがいた。時々男の方が管理人とハスキー嬢を見比べて何とも複雑な表情をしていたのは管理人に嫉妬していたに違いないんである、ケケケ。



EF70-200mm F2.8L IS USM 対 EF85mmF1.2L USM
EF85mmF1.2L USM[F1.2]
EF85mmF1.2L USM[F2.8]
EF85mmF1.2L USM[F5.6]
すみません、F1.2は無理です
EF70-200mm F2.8L IS[85mm/F2.8]
EF70-200mm F2.8L IS[85mm/F5.6]
EF70-200mm F2.8L IS USM 対 EF135mmF2L USM
EF135mmF2L USM[F2.0]
EF135mmF2L USM[F2.8]
EF135mmF2L USM[F5.6]
だから、F2.0も無理だって
EF70-200mm F2.8L IS[135mm/F2.8]
EF70-200mm F2.8L IS[135mm/F5.6]
EF70-200mm F2.8L IS USM 対 EF200mmF1.8L USM
EF200mmF1.8L USM[F1.8]
EF200mmF1.8L USM[F2.8]
EF200mmF1.8L USM[F5.6]
だ・か・ら〜

無理

だっていうだろ
EF70-200mm F2.8L IS[200mm/F2.8]
EF70-200mm F2.8L IS[200mm/F5.6]




すべて1D MarkIIで撮影。三脚+レリーズケーブル使用である。画像の評価はリンク先のオリジナル画像でそれぞれ判断していただきたい。管理人の私見であるが、同じ絞りで比較する限り基本的にボケ味においてEF70-200mm F2.8L ISが劣っているという感じは受けなかった。しかし、特に大口径単焦点Lレンズは、「あと一絞りの明るさ」と「開放でも充分使える画質」に存在意義があるのだ。またEF200mmF1.8L USMの画像をご覧いただければお分かりのように、とろけるような背景と恐ろしいまでの解像感の高さを追求すれば、やはり単焦点Lレンズにいきつくのは当然だろう。





ってことで























沼に漬かってみます?




[←前のレポートにもどる次のレポートへ進む→]